500円貯金で貯まったお金は!?

500円玉貯金で貯まった時に旅行に行ったり何に使うか等の情報は体験談で!

500円玉貯金で何に使う?

婚約をしてから結婚するまでの約1年に少しでも貯金をしようと思い始めました。初めのうちは早く貯めたくて買い物の際にわざとお札を崩して500円玉を作ってどんどん貯めていたのですが、それをすると月末が大変苦しい生活になることが身をもってわかりました。

長く続けるために、わざとお札を崩すのは2か月ほどで止め、その後はお釣りに入っていたら必ず貯金箱へ入れるようにしました。

結局1年経たずに10万を超え少しですが生活の足しになってます。貯金箱を開ける瞬間が何とも言えないです。そして私はそれを5000ずつ積み上げ一列に並べてたまった500硬貨の列を眺めて写真を撮って楽しみました。眺めながら、お酒を飲むのは最高に幸せでした。

有馬温泉に旅行に行きました。

私は新婚の頃に、主人と500円玉で10万貯まる貯金箱を利用し旅行資金を貯めていました。共働きだったので仕事から帰って来て1日の終わりに、それぞれ財布の中の500円玉を貯金箱に入れていました。

わざと500円玉でお釣りが貰えるように調整したりして10万貯まった時は嬉しかったです。それで念願だった有馬温泉に旅行に行きました。

最高の気持ちです

何回も挑戦しても途中で開けてしまうのが五百円貯金箱です。どうにか10万まで頑張ろうと挑戦すること何回目か忘れました。しかし、今回は絶対にの気持ちと貯めたらこれをしようという目標を立ててやりました

貯まった時は達成感と満足感で最高の気持ちです。頑張った自分にご褒美で買い物しました。

欲しかったバッグを購入

私はあまり貯金が上手ではないタイプなのですが、以前友達の家に遊びに行った際500円で10万貯まる貯金箱を使っており、自分でも出来そうな気がして早速購入しました。500硬貨は絶対に使わない・小銭があるのにわざとおつりが出るようにして頑張って貯めました。

10万まで貯まるのに大分時間がかかりましたが、貯まった時はすっごく嬉しかったです。その時は欲しかったバッグを購入しました。

今は次なる目標に向け、また新たな気持ちで貯金箱を購入し頑張っています。

金融機関へ持ち込み通帳へ預入

市販されている10万になる貯金箱ではないけれど、同じくらいの大きさの缶に、1日の終わりに500円玉を全て入れてました。買い物時は、500硬貨がお釣りになるように調整して枚数を溜めて、缶に入れるのを楽しみにして続けました。

缶が一杯になったので金融機関へ持ち込み通帳へ預入してみると、13万と少しあり、結構貯まってました。現在は、小銭貯金中で1日の終わりに小銭を全て缶へ入れてます。

貯まったお金の額を予想するのが楽しかった♪

私が中学生のとき、母が30万分の500円玉貯金箱を買ってきました。「海外旅行のため」と母が目的を決めてスタート!気づけば母の財布を確認し、500円玉を探すのが私の日課になっていました。

1枚ポトンと落とすときの、「これ入れたらもう取り出せないんだよなぁ」というドキドキと、硬貨を入れた後で貯金箱を振り、「まだまだ隙間ありそうだなぁ、あとどのぐらいで貯まるかな」なんていう感覚を、今でも覚えています。

そして、実際に貯金箱がいっぱいになると、家族7人みんなで、貯まった金額の予想をしました。「一番近い人は¥1000、その次に近い人は¥500もらえる」ご褒美があったので、予想は真剣そのもの。「海外旅行」という目的よりも、この予想大会が一番楽しかったですね。

家族旅行の足しにしました!

毎月月末になると財布に入っている小銭の500円玉は10万貯まる貯金箱へ、残りは豚さん貯金箱に入れて空っぽにして新しい月を迎えるのが昔からの習慣でした。最近では貯めることをそれほど意識せず、ただ毎月の恒例行事的に小銭を入れて10年以上経過したある日、娘が「もういっぱいだよ~」って言うので何気に持ち上げてみると重っ!!

ちょうど夏休みに家族でタイ旅行に行く予定があったので思い切って開けてみたところ10万には届きませんでしたが、ほぼ10万ありました。ありがたく旅行の費用に使いました。

目標を持たずに何も考えずに

貯金箱に小銭をせっせと入れてパンパンになったから開けると以外と少ないなと思ったので、今度は500円玉貯金に挑戦しました!で、目標を持たずに何も考えずに500硬貨が財布にある時に貯金箱に入れてました、かなり年月は掛かりましたが、無計画適当貯金で10万円!貯まりました!さて、何に使いましょうか!楽しみです。

これ考えながら夢の中へ入る日々はとても幸せでした。

とある信用金庫で口座を開設をしたら、アルミ製の「500円玉で10万貯まる貯金缶」を頂きました。今までこのようなものを買ったことも使用したこともなかったのですが、ものは試しと財布の中の500硬貨を1枚入れてみました。すると「カラン」という音の響きに何となく心地よさを感じ、もう1枚入れてみたいという衝動にかられました。

それからは、買い物の際には必ずと言っていい程おつりに500円玉が混じるようにお会計をするようになりました。初めの頃は500硬貨が缶の底に当たり「カラン」という音がしていたのですが、そのうち、お金の上にお金が当たる「カシャン」という音に変わりました。お金の量が増えてきたころには「ガシャッ」というように変化して、缶を揺らすと何とも重そうな「ガッシャン、ガッシャン」という音を立ててくれました。その音を寝る前に聞き、この10万を何に使おうかとあれこれ考えながら夢の中へ入る日々はとても幸せでした。

そして、とうとう500円玉の入る隙間がなくなった日、この日のためにあらかじめ100均ショップで購入しておいた缶切りを使って焦る気持ちを抑えながらギコギコと缶を開けました。絨毯の上に思いっきりひっくり返してばら撒いた時の「ジャラジャラジャラ~」の音と光景は子供の頃にあこがれた宝探しでお宝発見でもしたかのような気分でした。貯金の成果は、10万2500と予想よりも多い金額が入っていました。

家族皆で美味しいものを食べに出掛けた。

500円玉貯金箱を利用していました。財布の中に500円玉があれば、それを貯金箱のなかにこつこつ貯めていくだけです。 何百円かの買い物をする時には、千円札を出して500円玉のお釣りが出るようにします。知らず知らずの内に貯まるもので、1年半かけて10万を貯めました。貯まったお金で、家族皆で美味しいものを食べに出掛けてとても楽しかったです

気が付けば10万が貯まりました。

「500円で10万貯まる貯金箱」ってありますよね。途中で開けてしまう気がして半信半疑で貯金を始めたのですが、とうとう満杯になりました。1000札でタバコを1箱買った時に1枚、コンビニでおつまみを買った時のお釣りで1枚。少しずつ貯まって行くのが楽しみで気が付けば10万が貯まりました。何に使うか考え中です!うれしい!

楽しみながら貯めることができるので苦になりませんでした。

よく100均ショップなどで売っている500円玉貯金箱、私はそれを購入しました。おつりなどで500円玉が出たときは欠かさずその貯金箱に入れていきました。最初は空っぽなので軽いのですが、次第に重みを増していく貯金箱を持って重さを確認するのが楽しくなっていきました。楽しみながら貯めることができるので苦になりませんでした。

このお金で旅行に行きました。

500円玉貯金をしたことがあります。2年かかって貯金箱がいっぱいになったので開けて数えてみると、本当に10万貯まっていました。振っても音がほとんどしないくらいぎゅうぎゅう詰めに入れていたので、正確には10万を超えていました。まさかとか思いましたが、本当に貯まるものなんですね。このお金で旅行に行きました。またやってみようと思います。

我が家の旅行ですから随分贅沢できました。

もうしばらく前の事になりますが、周りの人達が口を揃えて意外と貯まるのよねと言うのにつられて、私のような超ズボラもちょっと試しにと100均で10万貯まる貯金箱を買ってみました。最初の頃は気合を入れすぎてわざわざ500円玉を作っては貯金箱へ入れていました。ズボラなのですぐに飽きが来てしまい、積極的に硬貨が貯金箱入りする事はなくなってしまったのですが、それでも貯金箱を開けてしまうこともなく、お財布の中にあの大きな硬貨を見つけた時には習慣で投入していたのです。

食器棚の空きスペースにひっそりと置かれた貯金箱でしたが、却ってそのひっそり感が良かったのかもしれません。時間的には随分かかったのかもしれませんが、10万達成しました!ズボラが災い?して一杯になった後もその隣にコップを置いてその中に貯めていたので10万以上になりました。あら~結構貯まっちゃってる感じだわ、と数えてみて初めてやった!と思いました。その年の家族旅行で少し、いえいえ、我が家の旅行ですから随分贅沢できました。子供たちの嬉しそうな顔を見て、またやってみようと思ったのを覚えています。

貯金は「既にないお金」と思って貯めます。

500円で10万貯まる貯金箱は何度か利用したことがあります。できれば、透明なプラスチックの中身が見えるタイプよりは、中身が見えない缶のタイプのほうがいいです。ワクワク感が違います。実は500円は意外に貯めるのが大変です。500円自体気を付けないと、100円よりはなかなか出会わないからです。貯まった時は自分はそれだけ意志が強い人間なんだと喜びは大きいです。なぜならば、今までそのお金は「既にないもの」として貯めていたからです。

1年と少しで満タンになりました。

10年くらい前に、500円玉で10万貯まる貯金箱で貯金をしました。最初は、500円玉がおつりで来たときだけ貯金箱に入れていましたが、やはり貯めたい気持ちが強く、早く貯めたくて買い物は全てお札で500円玉がおつりで来るようにしていました。その他の小銭が貯まりすぎて困りましたが、1年と少しで満タンになりました。数えたときに11万以上あったときはかなり興奮しました。

競争して貯金

500円玉で10万貯める貯金箱を友達と1つずつ購入し、競争して貯めました。最初は気長に構えて貯めていたのですが、友達が「今日○枚入れたよ」という話をしてきて、負けじと自分から500円玉が手に入るように買い物をし、入れていきました。想像よりも普段の生活が厳しくなりましたが1年待たずに二人とも貯まりました。競争には負けましたが、自分は11万超え、相手は11万超えず、自分が勝った気になりました。開けてたくさんあったときはうれしかったですね。

九州の熊本へ温泉旅行に行くことができました。

500円貯金をするにあたって目標を旅行に定め、3日に一回はチャリンと貯金箱に入れることを目指してがんばりました。およそ1年半かけて貯金箱がいっぱいになったら、九州の熊本へ温泉旅行に行くことができました。目標を持つことが大事です。

達成感で本当に嬉しかったです。

家族旅行のための貯金として500円玉貯金箱を購入しました。初めの印象は、こんなに小さな貯金箱で本当に10万も貯まるのかという不安でした。買い物などのお釣りでお財布に500円玉が出来たら都度貯金箱へ入れていきました。少し時間はかかりましたが、いっぱいになり数えたときは達成感で本当に嬉しかったです。また新たな目的のために再度始めました

禁煙の成果!

一念発起して禁煙を決意。「しかし、何かご褒美が欲しい…そうだ家にある500円玉の貯金箱に、タバコを買ったつもりで1日500円入れていこう。どうせタバコ代で使ってたお金だし」こんな動機で使い始めました。会社から帰ってきたら入れることにしたんですけど、この作業が毎日楽しみになってました。一杯になったら、何に使おうかと考えてたんですけど、実際に一杯になると開けるのがもったいなくなって、お金が貯まったのも嬉しかったですが、禁煙を成功した喜びも大きかったので、禁煙成功記念に部屋にそのまま飾ってあります(笑)。

夢が広がる10万円貯金!!

私は、昔とても欲しかったものがあり、いつ、ネットのページをみて「貯金しておいたらよかったな」なんて思っていました。そんなときに、100均ショップで10万貯金箱を手に取りました。私は、貯金箱にほしいものの名前を書いて毎日毎日コツコツと貯めていき、すぐに貯金箱の中がいっぱいになりました。貯まった時は、本当に嬉しくここまで頑張って貯めれたなんて自分でもすごいと思いました。

最後まで貯金を続けられた喜び

私は貯金箱にお金を貯めていてもすぐ使ってしまうタイプなのですが、どうしても大画面の液晶テレビが欲しかったので我慢して貯めることにしたんです。箱の中の500円玉が増える度に使いたい欲求が強くなりましたが、何とか絶えてテレビを購入することができました。その時はテレビを手に入れたという喜びもありましたが、何よりも我慢を重ねて貯金し続けたことで達成感を感じることができました。

感動と同時に達成感と喜びがありました。

私は買い物で会計をするときにお釣りに500円玉が含まれるようにお金を出します。500円が手に入ったら、早速10万が貯まる貯金箱に入れていきます。これを繰り返していって貯金箱の中が10万になるまで500円玉を集めていきました。10万まで貯まり銀行で両替するときに、ものすごい量の500円玉を見て感動と同時に達成感と喜びがありました

重量感がありためがいがあります。

貯金箱、買い物をした後にでる小銭を貯めるというか片付けるために置いています。結果的に500円玉、50円玉、5円玉、1円玉を集める結果になっています。¥100や¥10は別に使うことがあるので別な入れ物に入れて管理。実は中身が見えない500円玉等の貯金箱より、透明な瓶で貯めている1円玉等の方が気持ちがよい。色が一色、同じ硬貨だけが瓶いっぱいにたまっていく光景はなんか気持ち良い。キレイに見えます。意外と、500円玉貯金より早く貯まるので、みんなにもお勧めしたいです(笑)500円玉は他の硬貨とは違い厚み、重量感がありためがいがあります。貯まった後に並べてみると圧巻です。金額も10、20、30万と貯まるコース貯金箱があり時間はかかるが楽しみです。なぜか、パンパンになるともう入らない!チクショーという気持ちにもなります。缶切りで開けなくてはならないから…(泣)ここは悲しいところです。すぐ次の貯金箱を買いますけどね。

おつりでコツコツ

おつりで500円玉が来るように支払いをして、500円玉をコツコツ貯めて、ついに10万貯まったのです。10万を万札で持っているよりも、500円玉で10万持っている方がすごくありがたみがあります。コツコツがんばって本当に良かったです。

貯まったときに空けるのに苦労しました。

自分が10万貯まる貯金箱を使ったのは小学生の時でした。全部貯まったかは覚えていませんが、半分以上は貯まった事は覚えています。半透明のグレーの貯金箱には、ブロック体で10万貯まる貯金箱と書かれていました。プラスチックだったので、貯まったときに空けるのに苦労しました。10円玉、1円玉貯金もしていましたが、500円玉貯金は一番手応えがありました

温泉につかり料理も1番高いコースに

日頃は切り詰めた生活をしているため、中々贅沢はできたせんが、コツコツと貯めた五百円玉で夫婦で旅行に行こうと決めていました。この時ばかりは贅沢をし、ゆっくり温泉につかり料理も1番高いコースにしてビールも浴びるように飲み贅沢しました!

貯金を続けて貯まった時は旅行にいきました。

私自身いつも財布の中に小銭がよく貯まってしまいます。そんな時500円玉貯金箱があると非常に便利でした。小銭が財布に貯まる度に500円貯金をしていくと財布も軽くなるしお金が貯まっていくワクワク感もあったのです。10万貯まった時は何に使おうと考えながら貯金を続けて貯まった時は旅行にいきました。500円が10万に、そして10万が思い出に変わりました

重さの分達成感も大きいです。

忙しい毎日を過ごしている自分へのご褒美って訳じゃないですが、旅行でもしたいなぁと始めた500円貯金。本当は毎日貯金するつもりだったのですが思うようにはいかず、10万円貯めるのに1年半かかってしまいました。でもやっと貯めた10万円貯金箱はずっしりと1.5キロ越え。重さの分達成感も大きいです

重さを確かめる回数の方が多いみたい。

始めた頃は早く10万貯めたくて両替してまでも続けていたんですが、やっぱり長続きしないで挫折。有る時だけ投入するようになってから半分も貯まっていませんが、重さはそこそこあって今では投入するより重さを確かめる回数の方が多いみたいな感じです。



 

同ジャンル・関連ページ


プロミス