無担保で保証人なしのビジネスローンで!

ビジネスローンはスピード感があって
低利子の所がおすすめ

ビジネスローンは人気のローン会社から!

えんナビでは利用者の個人情報は徹底的に管理されていて、売掛先への通知もありませんし、融資を受けたことが外部に漏れてしまうということがありませんので、多くのビジネス業界で人気のローン会社となっています。

融資に申込みをしたことが取引先に知られてしまうとマイナスの影響が生じる恐れがありますが、えんナビなら漏れがないので安心して利用ができます。もちろん信用情報へのえいきょうもありません。

それと、とても嬉しいことにえんナビのファクタリングは、銀行でいうところの融資には該当しないため、後に貸借対照表を作成する際に負債として計上しなくても良いという絶対的なメリットがあります。

またえんナビでは最小で30万円、最高で5000万円までのファクタリングに対応しているので、あらゆるビジネスシーンで便利に利用ができるのです。

赤字決済の時でも他社にバレないように借りれる!

えんナビでは売掛金債権を買い取ってもらうことができるわけですが、これはバレないのかと考えることでしょう。

そんなことは一切なく、秘密は厳守されることになります。そもそも相手に通知することはありませんから、取引先にバレる要素は一切ないといっても過言ではないのです。

そして、えんナビが一番おすすめなのは会社が赤字でも融資を受ける事ができるという点です。

なのでえんナビが認める基準を満たせば赤字でも資金調達が可能であるという点でもえんナビはかなり良いファクタリング会社です。

ファクタリング東京は最短で当日審査が!

ファクタリング東京は最短で当日審査に対応しているため、緊急の資金調達の際に非常に役立つ金融機関と考えられます。

ファクタリング東京は売掛金を早期に買取りができるように独自の審査システムを導入していますし、契約完了後は指定の口座に直ちに振込手続きを行ってくれます。

来店不要で契約手続きを済ませることができますし、振込の確認もインターネットバンキングなどを利用すれば直ちにできるのでビジネスロード同様、来店不要で一切の手続きを済ませることも可能です。

赤字決算、税金滞納、リスケ中でも!

ファクタリング東京は一般的な銀行では融資を断れてしまう可能性の高い赤字決算となっている中小企業でも利用ができますし、同様にビジネスローンや銀行が融資を断りがちな創業1年未満の企業やベンチャー企業でも利用できるという強みがあります。

また法人だけでなく個人事業主でも利用が可能となっており、健全な事業を営んでいれば原則誰でも利用ができる融通性の高い金融機関と考えられるのです。

加えて税金を滞納している企業やリスケ中の企業でも利用が可能です。

銀行やビジネスローンより柔軟性がある!?

銀行やビジネスローンの事業性融資の場合、少額の融資には非対応というケースが多くなっていますし、逆に希望する融資金額が高額すぎても断れてしまう可能性の高いので事業者は自己都合よりも銀行の都合に合わせて融資を受けなければならないケースというのは多々あります。

一方でファクタリング東京の場合は10万円という非常に少額の融資から最大で1億円という高額の融資まで柔軟に対応しているので、利用者は自己の都合に合わせて的確な事業性資金の借入ができます。

株式会社JTCで2社間のファクタリングを!

ファクタリングを経営者の方が利用する上では、情報管理に信頼がおける相手先を選ぶことが重要です。特に売掛金が発生している取引先に対し、利用が知られることは信頼失墜のリスクがあります。

ですが、株式会社JTCファクタリングでは2社間ファクタリングを選べるだけでなく、国際的な信頼性が保証されるISO27001の認証を受けています。

自社で信頼性の高さを掲げるているのに対し、第三者がしっかりとチェックを行っているため、安心して利用することが出来ます。

手形割引のように損がない!

企業では、取引において小切手や支払手形を受け取ることがあります。しかし、支払手形の場合、現金同様に支払に利用できるものの、期日前に現金にすると手形が割り引かれてしまい、損が生じます。

ですが、ファクタリングを利用することで手形を手元に残せること、手形割引より低い手数料で現金を調達することも可能です。また、株式会社JTCファクタリングでは小切手や手形も含まれるため、銀行や専門業者に依頼するよりも資金調達額が適切に評価されます。

ファクタリングを組み合わせることで、自社のキャッシュフローをより最適化することができ、損失も最小限に抑えることが可能です。

消費税が掛からない!

ファクタリングは、対価性のあるサービスと考えられるものの、消費税は掛かりません。消費税法施行令では、売掛金は有価証券とみなされ、譲渡に対しては非課税対象となっています。

そのため、繰り返し利用できる株式会社JTCのファクタリングは何度利用しても、消費税負担を受けることなく、資金を調達することが出来ます。

また、消費税が課税されないことから、会計処理や消費税申告書作成において面倒な手間がなく、経理担当の業務負荷が増加するリスクが回避出来ます。

無担保で保証人なしのビジネスローン!

最近のビジネスローンでは保証人なしで借りることができることから、緊急に資金援助してほしい時に使える金融機関として人気が高まっています。ビジネスローンというのは分かりやすく言えば事業者向けの融資のことです。

今は一口にビジネスローンと言っても、多くの種類がありますし、扱っている金融業者も非常に増えました。ですからこれまでのスタイルである銀行からの融資だけでなく様々なビジネスローンについての理解を深めるなら、これまで以上に資金調達先の選択肢を増やすことができますし、いざという時の保険にもつながります。

特に成長著しいノンバンク系のビジネスローンについて考えることで資金調達先の幅を大きく広げることができるでしょう。ノンバンク系金融機関とは貸金業法で管理されている貸金業者のことです。貸金業法では上限金利が定められており、取り立てについても厳しい法律がありますので、こうした業者は安全に活用できるサービスです。

先程も述べましたが貸金業法で上限金利が以前よりも低く定められている事もあり、ビジネス向けローンはこれまでの基準よりもさらに低利子貸し付けを行うようになっています。また貸金業法では融資は年収の3分の一までと規定されていますが、法人や個人事業主に対しては例外としてそれを上回る金額の融資が認められているので、大口融資を受けることにも支障はありません。

またこうしたビジネスローンでは無担保・保証人なしという形での貸し付けもなされており、担保物件の査定や保証人の身元調査などが必要ない事から、審査時間がきわめて短く申し込みから数日で融資を受けることができるローン会社も少なくありません。またビジネスローンの中には、無人店舗やネットからの申し込みを活用した方法で契約するというパターンもあります。

この方法のメリットは何といっても店舗まで行く時間を節約できることです。審査時間の短さと申し込みまでの時間の短さの二つの時短効果があるので、極めてタイムロスをなくしてお金を借りることができるので、特に資金を緊急に必要とする時に適した金融機関と言えます。

駆け足でノンバンク系ビジネスローンの特徴を考えてきましたが、やはり融資スピードの速さが一番の魅力として多くの企業に受け入れられているといえます。ここという時にしっかり借りられるビジネスローンは活用機会の多い金融機関です。低利子貸し付けも定着してきていますので今が利用の狙い目です。

スピード重視のビジネス界にマッチ!

インターネットで瞬時に世界中の情報が集まるようになった現代はビジネスのスピードも格段にあがりました。つまり少しでも早く対応することがビジネス界で成功するためには不可欠なのです。まさに「タイムイズマネー」なのです。

ビジネスに必要な資金を得ることにもこれは当然あてはまります。つまり従来の審査に数週間かかるような融資だと、せっかくの成功のチャンスをみすみす逃すことになりかねないのです。必要な時に瞬時に資金を投入できる会社こそ厳しいビジネス界における勝者となるのです。

ですからスピード重視のビジネスローンには大きな利用価値があり、今成長しているベンチャー企業や新進気鋭の個人事業者などに人気となっているのです。アイデアとスピードがあれば個人事業者や中小企業でも一気にビッグになれる、そんな下剋上の時代にふさわしいのがスピード重視のビジネスローンです。借りたい時にすぐに応じてくれる、返済も追加融資にもスピード対応、これこそが時代が求める金融商品です。

時間は資産です!

少しの時間も無駄にすることはできません。時間は資産の一つでありそれを有効活用できるかどうかが成功のカギの一つとも言われています。それを考えると資金調達も当然ながら無駄な時間をカットしたスピーディーなものは大きなメリットを持っている金融商品であるといえます。

最短当日の資金調達プロで売掛金の現金化を!

資金調達に長けている専門家を探す場合、資金調達プロは時間や手間が掛かりません。提携する資金調達専門の事業者は1000社を超えており、自社の条件にあった専門家を探すことが出来ます。

インターネット検索で資金調達の専門家を探した場合、自社の事業内容に長けていない、近県ではない専門家だったというケースがあります。

しかし、資金調達プロは資金調達の専門家を一括紹介してくれる資金調達情報サイトとなり、依頼先の選択肢の幅が広がります。

また、資金調達プロは、ファクタリングの申し込みだけでなく、多種多様な資金調達方法について情報を集めることが出来ます。事業者によっては、売掛金を売買する以外の方法として、助成金を利用することにより、資金調達時に掛かるコストを削減することも可能です。
特に助成金や補助金は金融機関と異なり、返済する必要がないため、より低コストの資金調達方法になります。

それと、無料メール講座が利用できる点も嬉しいメリットですよね。やはり当然な話、資金調達方法にどのようなものがあるのか、そしてファクタリングとはどのような資金調達方法なのか初めての方には理解し難いという問題があります。

しかし、資金調達プロでは資金調達方法に関して、『無料メール講座』で学ぶことが出来ます。

自分から資金調達方法について調べようとしても、どんな方法があるのか調べるだけで時間が掛かるものの、無料メール講座を利用すれば、そんな心配が無くなります。

明日お金が必要な時でも当然利用できます!

お金が本日中に必要になったときは、消費者金融が頼りになります。消費者金融では、当日中の借入をすることができることを謳っているところも数多くあり、すぐにお金を借りることができます。

金融業者の貸し付けの流れですが、利用するための申し込みはできるだけ早めに行う必要があります。15時以降だと今日中に貸付を受けれないことがありますので、せめて14時前までには申し込みを済ませておきたいところです。申し込みを行うと、消費者金融側の査定が始まります。

普通に仕事をしていれば全く問題ありませんし、アルバイトでも中には利用できる場所があります。調査の結果が出ると、契約を済ませてお金を借りることができるようになります。

貸金融業者には、直接口座に振り込んでくれるキャッシングと、カードを使って借りるカードローンがあります。どちらも利便性は良いので、金利などとも相談をして利用するものを選びましょう。

スピード系を狙って!

「明日にでも!」という切羽詰まった時にこそ役立ててほしいのがビジネス系貸付です。特にノンバンク系は最短当日などスピード勝負では随一の力を持っています。当サイトのおすすめビジネス系貸付はどこもスピード自慢の信頼できる業者です。ネットから申し込めるので今すぐにでも申し込み可能です!

「ビジネクスト」のビジネスローンで!

法人であったり個人事業をしていると収入にもよいときも悪いときも波があり、ときには資金が一時的に足りなくなって困る時がありますよね。

そんなときには「ビジネクスト」のビジネスローンはいかがでしょうか?このビジネクストのビジネスローンは事業主様専用のローンです。

①ご来店不要でオンラインのみですぐにお申込みできますので、人目を気にすることなく完了できます。

申し込みフォームに記入後、仮審査を行い、通った方には必要書類をメールまたは郵送にてご提出いただき「本審査」を行います。本審査が通れば入金となります。すべてにおいてご来店不要です。

②事業拡大・一時的なつなぎ融資・決済時などのまとまった事業資金としてご利用できます。

月々計画的に返済ができるので安心して利用でき、個人事業主の方からはご好評をいただいています。毎月のご返済は銀行口座引落をご利用できますので支払いでのご来店も不要です。

ビジネクストは4ステップで資金調達が!

インターネットでの申込み手順を、4ステップに分けて解説していきます。まず申し込みフォームに記載した上で、送信しましょう。そして、その申込みを基準に仮審査が実施され、その結果が申込み者へと通知されます。

無事審査に通過すれば、提出しなければならない書類を郵送かFAXで送りましょう。この提出された書類に基づき本審査が実施されるのですが、これに通過すれば晴れて融資が完了となるわけです。

審査の申込みから審査結果が判明するまでには、およそ3日の期間を要するようです。

建設業経営者や卸売り小売業も利用可能なビジネスローン!

ビジネクストでは、飲食店経営者、建設業経営者、卸売り小売業など、どのような業種や業態であっても手数料無料でカード発行が可能となるビジネスローンを取り扱っています。

カードローンであることから、借入可能な残高さえあれば、何度も借入可能なのです。これは消費者金融などの個人を対象としているカードローンと一緒の運用であり、とても便利といえます。

しかも、そのような個人用途ではなく、事業資金に係る高額な資金を自由自在に借入することが可能なのです。さらには、そのような便利な点がありながら、発行手数料が無料であることも嬉しいポイントですよね。

100万円以上で8.0%~15.0%、100万円未満で13.0%~18.0%

ビジネクストの金利については、利用限度額が100万円を超えている際には、8.0%ないし15.0%、利用限度額が100万円に満たない場合であれば、13.0%ないし18.0%となっています。

そして、融資限度額については、50万円ないし1000万円となっており(初めて取引する際には500万円が上限)、競合他社のものと比較しても圧倒的に優越しています。

担保を要する場合であれば、それこそ億にも上ることもあるものの、担保のない場合であれば300万円ないし500万円程度が通常となっています。

しかし、上限の500万円を借入できたとしても資金ショート対策としては万全とはいえないものです。この点、ビジネクストであれば、1000万円まで借入可能であるために、事業を行うに際してとても安堵できることでしょう。

プロミスは個人事業主などの経営者に便利!

プロミスのカードローンは個人事業主等の経営者からの評判も高いですよね。プロミスは申し込みをして最短30分という素早い審査をしてくれますが、限度額は最大500万円なのでまとまったお金を借りたいときにも頼りになります。

お金を借りる限度額は収入や他社の利用状況などを参考にしつつ審査で決まりますが、利用開始してしばらく返済実績ができれば後日増額の申し込みもできます。50万円を超える借入れをするには源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要です。

直近給与明細の直近2ヶ月分と賞与明細書も収入証明書として扱ってもらえます。もちろん個人事業主などの経営者でビジネスに利用される時は審査の長さも変わる可能性もありますし、金額によっては書類が多くなったりしますが、スピーディな審査をしてくれるのは変わりないので、ビジネスをされている方がローンを組む時には考えてみるのも良いでしょう。

国民政策金融公庫とは?

国民政策金融公庫とは、銀行からのプロパー融資などの資金調達が困難である事業者に対して、融資を実施している公的機関です。

法人格を有する会社経営者はもちろんのこと、個人事業主からも相当有用な資金調達方法として知られています。女性の場合、300万円以内の融資であれば、例外を除き、保証人や担保が不要で借入が可能となります。

審査には概ね1カ月ないし2カ月ほど経過してしまうために、その間、資金繰りの点からしてビジネスローンやキャッシングを利用することをオススメします。

緊急事態でも銀行系カードローンが一番です!

近年は大手の今日中の振込も可能な安全な業者などが利用されやすい傾向にあります。その理由はユーザーのニーズの変化などにあります。当然のように、ここではカードローン会社もユーザーを見てサービスを変更させています。

そういった環境で増加しているのが銀行系カードローンになっています。緊急事態のカードローンはスピードやメリットの部分でより大きな効果を持っています。これらのサービスを使えば時間などを無視したお金の扱いができます。

そして、結果的にビジネスでも非常事態でも利用できるという状況です。様々な環境があるのが現代ですが、銀行系は中でも有効な手段になります。



 

同ジャンル・関連ページ


プロミス