最大限度額1,000万円まで対応!
アイフルのグループ会社なので安心安全!
来店不要!全国どこからでも申込可!
24時間ネットで手続きができる!
資金使途は自由!年会費・保証料0円!

スピード診断 WEB申込 実質年率 限度額
対応可能
対応可能
3.10~18.0%
1~1000万円
使用用途 年会費・保証料 個人事業主 担保
自由
無料
可能
原則不要
  ビジネクストの詳細はコチラ

最短3時間審査でスピーディ!
最大買取額は5000万円まで対応!
債務超過・赤字決算・税金滞納時でも!
2社間取引にも対応している!
保証人・担保不要なのでスムーズ!

スピード 2社間取引 限度額 対応地域
最短3時間
対応可能
5000万円まで
日本全国
赤字決算 税金滞納時 申込方法 保証人・担保
対応可能
対応可能
24時間WEBで
不要
  株式会社オッティの詳細はコチラ

最短『当日中』に資金調達が可能!
手数料5%~なのでお得に使える!
2社間取引きにも対応している
債務超過・赤字決算・税金滞納時でも
保証人・担保不要で手間いらず!

スピード 2社間取引 対応地域 手数料
最短即日
対応可能
日本全国
5.0%~
赤字決算 税金滞納時 申込方法 保証人・担保
対応可能
対応可能
24時間WEBで
不要
  ファクタリングのTRYの詳細はコチラ

全国からネットで24時間申込可!
無料診断は最短10秒で完了!
資金調達額最大『3億円』まで対応
利用事業者数1万社を突破!
保証人・担保不要なのでスムーズ!

スピード 2社間取引 限度額 無料診断
最短即日
対応可能
最大3億円
最短10秒
赤字決算 税金滞納時 申込方法 保証人・担保
対応可能
対応可能
24時間WEBで
不要
  資金調達プロの詳細はコチラ

スピードが注目のビジネスローン

融資までのスピードが断然速いビジネスローンが経営者の方から高い注目を集めています。

無担保・保証人なしのため短時間で審査が可能な点が、急ぎの状況ではとても役立つからです。

しかも以前に比べて活用しやすい低金利となっているためメリットがより大きくなっている点も見逃せません!

特に人気を集めているのは?

ビジネスローンの中でも特に人気となっているのは、『ネット系』と表現されることもあるネットで申込みを行い店頭にいかなくても契約を行えるタイプの事業者です。

来店せずに済むため契約までのスピードは格段に速くなっております。

契約に必要な書類もFAXやネットからの提出も可能になっております。

また業者も営業拠点を多く設置する必要がないためより低金利での貸し出しを行ってくれる傾向にあります。

スピードが速い他の理由は?

審査スピードの向上に役立っているのは、評価の高い大手ビジネスローンが無担保・保証人なしでの審査を行ってくれるからです。

従来の銀行融資であれば担保物件の査定や保証人の身元調査にどうしても2週間はかかる所を、無担保のため最短即日審査結果を受取れるほどの速さに進化しているのです。

無担保で保証人なしのビジネスローン

最近のビジネスローンでは保証人なしで令和でも貸してもらうことができることから、緊急に資金援助してほしい時に使える金融機関として人気が高まっています。

ビジネスローンというのは分かりやすく言えば事業者向けの融資のことです。

今は一口にビジネスローンと言っても、多くの種類がありますし、扱っている金融業者も非常に増えました。

ですからこれまでのスタイルである銀行からの融資だけでなく様々なビジネスローンについての理解を深めるなら、これまで以上に資金調達先の選択肢を増やすことが出来ますし、いざという時の保険にもつながります。

特に成長著しいノンバンク系のビジネスローンについて考えることで資金調達先の幅を大きく広げることができるでしょう。

ノンバンク系金融機関とは貸金業法で管理されている貸金業者のことです。

貸金業法では上限金利が定められており、取り立てについても厳しい法律がありますので、こうした業者は安全に活用できるサービスです。

先程も述べましたが貸金業法で上限金利が以前よりも低く定められていることもあり、ビジネス向けローンはこれまでの基準よりもさらに低利子貸し付けを行うようになっております。

また貸金業法では融資は年収の3分の1までと規定されていますが、法人や個人事業主に対しては例外としてそれを上回る金額の融資が認められているので、大口融資を受けることにも支障はありません。

またこうしたビジネスローンでは無担保・保証人なしという形での貸し付けもなされており、担保物件の査定や保証人の身元調査などが必要ないことから、審査時間がきわめて短く申し込みから数日で融資を受けることができるローン会社も少なくありません。

またビジネスローンの中には、無人店舗やネットからの申し込みを活用した方法で契約するというパターンもあります。

この方法のメリットは何といっても店舗まで行く時間を節約できることです。

審査時間の短さと申し込みまでの時間の短さの二つの時短効果があるので、極めてタイムロスをなくしてお金を貸し付けしてもらうことができるので、特に資金を緊急に必要とする時に適した金融機関と言えます。

駆け足でノンバンク系ビジネスローンの特徴を考えてきましたが、やはり融資スピードの速さが一番の魅力として多くの企業に受け入れられているといえます。

ここという時にしっかり借りられるビジネスローンは活用機会の多い金融機関です。低利子貸し付けも定着してきていますので今が利用の狙い目です。

スピード系を狙って!

「明日にでも!」という切羽詰まった時にこそ役立ててほしいのがビジネスローンです。特にノンバンク系は最短当日などスピード勝負では随一の力を持っています。当サイトのオススメビジネスローンはどこもスピード自慢の信頼できる業者です。ネットから申し込めるので今すぐにでも申し込み出来ます!

ビジネスローンを利用するなら!?

・実質年率と遅延利息を調べて返済計画を立てる!
・パソコン手続きなどで全国対応しているか確認!
・借入可能限度額がどれくらいか確認すること!
・申込から融資までの所要時間を確認すること!

「ビジネクスト」の商品の特徴は?


最大限度額1,000万円まで対応!
アイフルのグループ会社なので安心安全!
来店不要!全国どこからでも申込可!
24時間ネットで手続きができる!
資金使途は自由!年会費・保証料0円!

スピード診断 WEB申込 実質年率 限度額
対応可能
対応可能
3.10~18.0%
1~1000万円
使用用途 年会費・保証料 個人事業主 担保
自由
無料
可能
原則不要
  ビジネクストの詳細はコチラ

法人であったり個人事業をしていると収入にもよいときも悪いときも波があり、ときには資金が一時的に足りなくなって困る時がありますよね。

そんなときには「ビジネクスト」のビジネスローンがオススメです。

ビジネクストは“担保を用意できない時”、“素晴らしい事業計画をもっているのに赤字決算の為に融資を断られてしまう時”、そして特に“すぐに事業資金を調達したい時”、“ビジネスに最適なスタイルの調達方法を選びたい時”に役に立ちます。

ビジネクストはスピーディーな審査によって最短即日で事業資金を調達出来ます。

更に、通常の最初の一回を借りたら後は月々返済するだけの通常の「ビジネスローンタイプ」の事業者ローンと、必要な時に必要なだけ貸してもらえる「カードローンタイプ」の事業者ローンを用意しているので、それぞれに最適な事業資金の調達方法を選べるようになっております。

ビジネクストのメリットは?

 
①ご来店不要でオンラインのみですぐにお申込み出来ますので、人目を気にすることなく完了出来ます。
 
申し込みフォームに記入後、仮審査を行い、通った方には必要書類をメールまたは郵送にてご提出いただき「本審査」を行います。本審査が通れば入金となります。すべてにおいて訪問不必要です。

 
②事業拡大・一時的なつなぎ融資・決済時などのまとまった事業資金としてご使用出来ます。
 
月々計画的に返済ができるので安心して使用でき、個人事業主の方からはご好評をいただいています。毎月のご返済は銀行口座引落をご利用出来ますので支払いでのご来店も不要です。


最大限度額1,000万円まで対応!
アイフルのグループ会社なので安心安全!
来店不要!全国どこからでも申込可!
24時間ネットで手続きができる!
資金使途は自由!年会費・保証料0円!

スピード診断 WEB申込 実質年率 限度額
対応可能
対応可能
3.10~18.0%
1~1000万円
使用用途 年会費・保証料 個人事業主 担保
自由
無料
可能
原則不要
  ビジネクストの詳細はコチラ

4ステップで資金調達

インターネットでの申込み手順を、4ステップに分けて解説していきます。

まず申し込みフォームに記載した上で、送信しましょう。

そして、その申込みを基準に仮審査が実施され、その結果が申込み者へと通知されます。

無事審査に通過すれば、提出しなければならない書類を郵送かFAXで送りましょう。

この提出された書類に基づき本審査が実施されるのですが、これに通過すれば晴れて融資が完了となるわけです。

審査の申込みから審査結果が判明するまでには、およそ3日の期間を要するようです。

カードローンでの契約も可能

契約から融資までスピーディーでスムーズな資金調達が可能なビジネクストでは、カードローンも使用することが可能になっております。

カードローンを使うことで、銀行に行って手続きをせずとも近くにあるセブンイレブンのATMや東京スター銀行、アイフルの提携ATMなどからも借り入れすることができるため、ビジネスローンでありながら土日などでも問題なくキャッシングすることができ非常に便利です。

ただし、返済もATMからできるのですが、東京スター銀行は借り入れのみになっているので注意は必要です。

限度額と金利は?

ビジネクストのビジネス向けカードローンは、最短即日融資が可能な為にスピーディーであるのは勿論、融資額が1万円~1,000万円(新規取引時の場合は上限額は500万円)となっているので、必要最低限のお金だけを貸してもらうことができるので利息負担を最小限にすることが令和でもできるのです。

しかも、契約の際には担保が不要、保証人も原則不要なので非常に利用しやすくなっております。

時間は資産です!

少しの時間も無駄にすることはできません。時間は資産の一つでありそれを有効活用できるかどうかが成功のカギの一つとも言われています。それを考えると資金調達も当然ながら無駄な時間をカットしたスピーディーなものは大きなメリットを持っている金融商品であるといえます。

どのような業種や業態でも良いの?

ビジネクストでは、飲食店経営者、建設業経営者、卸売り小売業など、どのような業種や業態であっても手数料無料でカード発行が可能となるビジネスローンを取り扱っています。

カードローンであることから、借り入れできる残高さえあれば、何度も借り入れ可能なのです。

これは消費者金融などの個人を対象としているカードローンと一緒の運用であり、とても便利といえます。

しかも、そのような個人用途ではなく、事業資金に係る高額な資金を自由自在に貸し付けすることができるのです。

さらには、そのような便利な点がありながら、発行手数料が無料であることも嬉しいポイントですよね。

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは、ビジネスローン会社の中でも貸し付けできる限度額において最高評価を得ています。

限度額は10億円となっており、事業拡大や設備増強など高額なビジネス資金の調達にも十分な限度となっております。

また、法人だけでなく、個人事業者も最高限度額は同等、金利も6.00%から15.00%と同じになっております。

融資額が高いながらも、申し込みはオンラインに対応、審査は会社に居ながら受けられるなど、高額融資のため何度も窓口に足を運びスケジュール調整に悩むこともありません。

新しい形の資金調達方法

ビジネスローンを利用して資金調達をする時は、審査でいろいろな部分を調べられることも多いです。

経営状態が赤字になっているなどネガティブな要素があると審査が否決されてしまうことも少なくありません。

しかしクラウドバンク・フィナンシャルサービスはクラウドファンディングという方法で資金調達をすることになるので問題ありません。

このような事業をしたいとアピールするとそれに対して支援をしてくれる新しい形なので安心してビジネスで必要な資金を調達することが出来ます。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは金利が安いだけでなくこのような魅力があるのも特徴です。

分かりやすい申込方法

クラウドバンク・フィナンシャルサービスでは、申し込みから融資契約まで4ステップで完了しますので、とても便利です。

①まずはインターネットから申し込みをします。

②担当者からの連絡が入ります。

③そこから本審査があります。

④無事に審査を通過したら、晴れて事業資金の調達が可能になります。

さらにクラウドバンクのフィナンシャルサービスでは、限度額が最大10億円ですので、様々なビジネス資金に対応することが出来ますのでとても便利です。

ファクタリングで
ビジネス資金の調達をするには

ビジネスローンのスピードを上回る資金調達方法として評判を上げているのがファクタリングによる資金調達です。

最短3時間で現金を得ることができると言われるほどスピーディなんです。

ファクタリングは融資とは異なり売掛金を売却する取引のため、無担保で保証人なしでの利用が出来ます。

また赤字決算や債務超過状態でも短時間で審査通過したという口コミ例もあるように、利用の基準が融資とは異なるのも特徴です。

ファクタリングの魅力を解説

スピードという魅力に加えて、ファクタリングではバランスシートの向上や財務状況の改善というメリットもあります。

無担保のビジネスローンでは難しい最大3億円規模の大型契約ができる点も独自のメリットです。

また2社間取引が可能なため秘密を保って売掛金を安全に売却できる点も経営者にとってはありがたい点でしょう。

負債として計上されることがない?

「ビジネスローン」などを使用すると会計上、負債として計上されますが、『ファクタリング』を利用して調達した事業資金は負債とはなりません。

ファクタリングの場合は、ビジネス資金を調達したい企業が自分達の「売掛債権」をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金を得る形となります。

売掛債権とは後日取引先に請求できるお金のことで、ファクタリング会社から調達したビジネス資金は後日取引先から入金が行われた後に支払う形となるので、会計上負債として計上されることはないのです。

ファクタリング会社の選び方は?

“ファクタリング”を行う場合は、現金化の早さや手数料を比較してファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリング会社によってはスピーディーな審査によって最短即日で現金化できるところもありますが、審査に時間がかかって即日現金化ができないファクタリング会社もあるからです。

そして、ファクタリングは手数料の幅が広い取引である為に手数料の比較も重要です。

ファクタリングとしては最低水準の手数料となる5%での取引に対応しているファクタリング会社がオススメです。

株式会社オッティ


最短3時間審査でスピーディ!
最大買取額は5000万円まで対応!
債務超過・赤字決算・税金滞納時でも!
2社間取引にも対応している!
保証人・担保不要なのでスムーズ!

スピード 2社間取引 限度額 対応地域
最短3時間
対応可能
5000万円まで
日本全国
赤字決算 税金滞納時 申込方法 保証人・担保
対応可能
対応可能
24時間WEBで
不要
  株式会社オッティの詳細はコチラ

株式会社オッティは、資金調達までのスピーディーさに定評があるファクタリング会社です。

必要な書類に不備がなければ、最短3時間審査からの即日に資金を調達することが出来ます。

また業界最低水準の手数料の安さも令和でも注目をされ続けているポイントとなっております。

開業したばかりや赤字など問題を抱えているなど、業績が思わしくなく追加の融資が困難な場合にも活用できるとなっております。

取引先に知られたくない案件の場合も、情報保護のための教育を受けた信頼できるスタッフが丁寧に対応してくれます。

負債にならない調達方法

経営者が資金調達をする時は銀行などからの融資(ビジネスローン)より株式会社オッティの方が優れている点が2つあります。

銀行にお願いすると融資(ビジネスローン)という形になるので借金になってしまいますが、株式会社オッティはファクタリングで資金化するので融資ではありません。

信用情報に履歴が残らないので負債にならない点が優れています。

また銀行にお願いする時は店舗に来店しなければいけなくなりますが、株式会社オッティはネットで申し込みをすることが出来ます。

全国どこからでも申し込みをしやすいのも優れている点になります。

どんな業種の人が利用してるの?

株式会社オッティは色々な業種が利用していますが、特に多いのは建設業や製造業などです。

建設業や製造業の場合は売掛金を回収できるまで時間がかかりやすく、それでいて人件費や材料費などといったビジネスを行う上で必ず必要になってくる費用が高額で運営に大きな資金力が必要になります。

そういった場合、ビジネスローンなどで補う方法もありますが、借り入れを行ってしまうと負債として計上されてしまうので既に売り上げている売掛金から資金調達をするファクタリングサービスを利用する業者が多くなっております。

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは来店不要で、24時間365日インターネット上からすべての手続きが行えるようになっていますので、仕事で忙しくてなかなか店舗まで行く時間がない方でもお申し込みすることが可能です。

また、銀行のビジネスローンの場合は支店が存在するエリアに事業所を構えていなければ融資不可となる場合がありますが、ファクタリングのTRYではそのような条件を設けていません。

そのため、北海道から沖縄までどこに事業所を構えている方でも問題なく使うことが出来ます。

手数料はどれくらい?

ファクタリングのTRYの手数料は最低5%からと業界最低水準になっております。

連帯保証人や担保が必要なく、審査もスピーディーに行われるので、ファクタリングの申し込みから現金化まで最短1日という速さです。

融資やビジネスローンといった他の資金調達法に比べて、ファクタリングは手数料の低さと速さのバランスが優れているので、法人や個人事業主が利用しやすい資金調達法になっております。

専門の担当者によるサポートが受けられるので、利用するのが初めてのビジネスマンの方や女性経営者の方でも安心して申し込むことが出来ます。

審査に必要な書類は?

事業資金を調達する時に銀行から融資を受ける場合は、審査で必要な書類がたくさんあるので準備をするのも大変になってしまいます。

しかしファクタリングのトライはファクタリングで資金調達するので審査で必要な種類はそれほど多くありません。

売掛金証明書類、事業の説明資料、過去の決算書、社会保険関係書類などを提出すれば審査をしてもらえます。

銀行から融資を受ける時より審査で必要な書類が少ないのでファクタリングのトライは資金調達がしやすいです。

えんナビのファクタリング

 
えんナビでは利用者の個人情報は徹底的に管理されていて、売掛先への通知もありませんし、融資を受けたことが外部に漏れてしまうということがありませんので、多くのビジネス業界で人気の会社となっております。

融資に申込みをしたことが取引先に知られてしまうとマイナスの影響が生じる恐れがありますが、えんナビなら漏れがないので安心して活用が出来ます。

もちろん信用情報への影響もありません。

それと、とても嬉しいことにえんナビのファクタリングは、銀行でいうところの融資には該当しないため、後に貸借対照表を作成する際に負債として計上しなくても良いという絶対的なメリットがあります。

またえんナビでは最小で30万円、最高で5000万円までのファクタリングに対応しているので、あらゆるビジネスシーンで便利に利用ができるのです。

他社にバレないようにできる?

えんナビでは売掛金債権を買い取ってもらうことができるわけですが、これはバレないのかと考えることでしょう。

そんなことは一切なく、秘密は厳守されることになります。

そもそも相手に通知することはありませんから、取引先にバレる要素は一切ないといっても過言ではないのです。

そして、えんナビが一番オススメなのは会社が赤字でも融資を受けることができるという点です。

なのでえんナビが認める基準を満たせば赤字でも調達できる点でもえんナビはかなり良いファクタリング会社です。

資金化するまでの手順

えんナビのファクタリングで売掛金を資金化する流れは、一般的なファクタリング会社と違いがありません。

えんナビは、公式ホームページから専用フォームから申し込みができるようになっております。

ホームページからの申し込みの場合、折り返し電話での確認が行われ、ヒアリングを受けることになります。

その後は必要書類をメールまたはFAXなどで提出後、対面による契約といった流れになっております。

契約完了後は速やかに入金の指定先とした銀行口座に振り込まれます。

対面での契約については、遠方で来店が難しい場合はえんナビのスタッフが会社まで出張対応してくれ、その場で契約を行うことが出来ます。

そのほか、メールや電話で契約できるケースもあります。

資金調達プロ


全国からネットで24時間申込可!
無料診断は最短10秒で完了!
資金調達額最大『3億円』まで対応
利用事業者数1万社を突破!
保証人・担保不要なのでスムーズ!

スピード 2社間取引 限度額 無料診断
最短即日
対応可能
最大3億円
最短10秒
赤字決算 税金滞納時 申込方法 保証人・担保
対応可能
対応可能
24時間WEBで
不要
  資金調達プロの詳細はコチラ

資金調達に長けているビジネス専門家を探す場合、資金調達プロは時間や手間が掛かりません。

提携する資金調達専門の事業者は1000社を超えており、自社の条件にあった専門家を探すことが出来ます。

インターネット検索で専門家を探した場合、自社の事業内容に長けていない、近県ではない専門家だったというケースがあります。

しかし、資金調達プロは資金調達の専門家を一括紹介してくれる情報サイトとなり、依頼先の選択肢の幅が広がります。

また、資金調達プロは、ファクタリングの申し込みだけでなく、多種多様な資金調達方法について情報を集めることが出来ます。

事業者によっては、売掛金を売買する以外の方法として、助成金を利用することにより、資金調達時に掛かるコストを削減することも令和でもできるのです。

特に助成金や補助金は金融機関と異なり、返済する必要がないため、より低コストの調達方法になります。

それと、無料メール講座が利用できる点も嬉しいメリットですよね。

やはり当然な話、資金調達方法にどのようなものがあるのか、そしてファクタリングとはどのような調達方法なのか初めての方には理解し難いという問題があります。

しかし、資金調達プロでは調達方法に関して、『無料メール講座』で学ぶことが出来ます。

自分から資金調達方法について調べようとしても、どんな方法があるのか調べるだけで時間が掛かるものの、無料メール講座を利用すれば、そんな心配が無くなります。

提携事業者数で分かる信頼性

ファクタリングによって最短即日で、100万円~3億円もの莫大な資金を調達を可能とするのが「資金調達プロ」という日本最大級の“ファクタリングポータルサイト”です。

他の業者と比べて優れている点の一つ目は、“提携事業者数”の多さです。

国内最多である1,000社以上のファクタリング事業者と提携している為、利用者に最適なファクタリング事業者を紹介してもらえます。

優れている点の二つ目は、“資金繰り改善率”の高さです。

利用者に最適な事業者を紹介する資金調達プロは資金繰り改善率が非常に高くなっており、利用者の“93%”以上が資金繰り改善に成功しています。

ファクタリング東京

ファクタリング東京は最短で当日審査に対応しているため、緊急調達の際に非常に役立つ金融機関と考えられます。

ファクタリング東京は売掛金を早期に買取りができるように独自の審査システムを導入していますし、契約完了後は指定の口座に直ちに振込手続きを行ってくれます。

店頭にいかなくても契約手続きを済ませることが出来ますし、振込の確認もインターネットバンキングなどを活用すれば直ちにできるのでビジネスローン同様、来店不要で一切の手続きを済ませることも出来ます。

赤字決算やリスケ中でも可能?

ファクタリング東京は一般的な銀行では融資を断れてしまう可能性の高い赤字決算となっている中小企業でも利用が出来ますし、同様にビジネスローンや銀行が融資を断りがちな創業1年未満の企業やベンチャー企業でも利用できるという強みがあります。

また法人だけでなく個人事業主でも利用が可能となっており、健全なビジネスを営んでいれば原則誰でも利用ができる融通性の高い金融機関と考えられるのです。

加えて税金を滞納している企業やリスケ中の企業でも利用ができるのです。

銀行より柔軟性がある?

銀行やビジネスローンの事業性融資の場合、少額の融資には非対応というケースが多くなっていますし、逆に希望する融資金額が高額過ぎて断られてしまう可能性の高いので事業者は自己都合よりも銀行の都合に合わせて融資を受けなければならないケースというのは多々あります。

一方でファクタリング東京の場合は10万円という非常に少額の融資から最大で1億円という高額の融資まで柔軟に対応しているので、利用者は自己の都合に合わせて的確な事業性資金の貸し付けが出来ます。

株式会社JTCのファクタリング

ファクタリングを経営者の方が使用する上では、情報管理に信頼がおける相手先を選ぶことが重要です。特に売掛金が発生している取引先に対し、利用が知られることは信頼失墜のリスクがあります。

ですが、株式会社JTCファクタリングでは2社間ファクタリングを選べるだけでなく、国際的な信頼性が保証されるISO27001の認証を受けています。

自社で信頼性の高さを掲げるているのに対し、第三者がしっかりとチェックを行っているため、安心して使用することが出来ます。

手形割引のように損がない

企業では、取引において小切手や支払手形を受け取ることがあります。

しかし、支払手形の場合、現金同様に支払に利用できるものの、期日前に現金にすると手形が割り引かれてしまい、損が生じます。

ですが、ファクタリングを使用することで手形を手元に残せること、手形割引より低い手数料で現金を調達することもできるのです。

また、株式会社JTCファクタリングでは小切手や手形も含まれるため、銀行や専門業者に依頼するよりも調達額が適切に評価されます。

ファクタリングを組み合わせることで、自社のキャッシュフローをより最適化することができ、損失も最小限に抑えることが令和でもできるのです。

消費税が掛からない?

ファクタリングは、対価性のあるサービスと考えられるものの、消費税は掛かりません。

消費税法施行令では、売掛金は有価証券とみなされ、譲渡に対しては非課税対象となっております。

そのため、繰り返し利用できる株式会社JTCのファクタリングは何度利用しても、消費税負担を受けることなく、資金を調達することが出来ます。

また、消費税が課税されないことから、会計処理や消費税申告書作成において面倒な手間がなく、経理担当の業務負荷が増加するリスクが回避出来ます。

個人事業主の方は
キャッシングで資金調達も

「個人事業主の方」が事業費が必要な時には、令和でも評判が良い消費者金融のキャッシングサービスなどが利用されやすい傾向にあります。

ビジネスローンとは違い、消費者金融のキャッシングは法人の経営者は事業費には使えないことが多いですが、個人事業主の方は事業費にも使えることが多くなっております。

その理由はユーザーのニーズの変化などにあります。当然のように、ここでは老舗の消費者金融もユーザーを見てサービスを変更させています。

そういった環境で増加しているのがキャッシングになっております。

緊急事態のキャッシングはスピードやメリットの部分でより大きな効果を持っています。

これらのサービスを使えば時間などを無視した現金の扱いが出来ます。

そして、結果的に法人の経営者はビジネスローンで、個人事業主の方はキャッシングでも事業費として活用できるという状況です。

様々な環境があるのが現代ですが、令和に注目されている大手の金融業者は中でも緊急時に有効な手段になります。

明日お金が必要な時に利用出来る?

本日中に「個人事業主の方」が事業費が必要になったときは、消費者金融が頼りになります。

消費者金融では、当日中の借り入れをすることができることを謳っているところも数多くあり、すぐにお金を借りることが出来ます。

消費者金融のキャッシングの流れですが、使用するための申し込みはできるだけ早めに行う必要があります。

15時以降だと今日中に貸付を受けれないことがありますので、せめて14時前までには申し込みを済ませておきたいところです。

申し込みを行うと、消費者金融側の査定が始まります。

普通に仕事をしていれば全く問題ありませんし、アルバイト経営者でも中には利用できる場所があります。

調査の結果が出ると、契約を済ませてお金を借りることができるようになります。

貸金融業者には、直接口座に振り込んでくれるキャッシングと、カードを使って借りるカードローンがあります。

どちらも利便性は良いので、金利などとも相談をして利用するものを選びましょう。

アコムはビジネスにも

アコムから借り入れをするメリットとして真っ先に挙げられるのがまとまったお金を事業費としてもお得にキャッシングできる点になります。

アコムでは借り入れした現金の使用用途は自由となっていますので、事業資金としても使うことが出来ます。

アコムのカードローンは融資限度額が最高で800万円と業界最高水準となっていますし、適用される実質年率も年3.0%から年18.0%とこちらも業界最低水準になっているため、高額のお金を低金利で貸してもらうことができるのです。

さらにはじめての利用者であれば30日間無利息でキャッシングができるので、短期の借り入れを特にお得に出来ます。

プロミスは個人事業主の生計費に

プロミスのカードローンは個人事業主からの評判も高いですよね。

使い道は生計費に限られていますが、申し込みをして最短30分という素早い審査をしてくれます。

限度額は最大500万円なのでまとまったお金を借りたいときにも頼りになります。

お金を借りる限度額は収入や他社の利用状況などを参考にしつつ審査で決まりますが、利用開始してしばらく返済実績ができれば後日増額の申し込みも出来ます。

50万円を超える借り入れをするには源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要です。

直近給与明細の直近2ヶ月分と賞与明細書も収入証明書として扱ってもらえます。

もちろん個人事業主の方が使用される時は審査の長さも変わる可能性もありますし、金額によっては書類が多くなったりしますが、スピーディな審査をしてくれるのは変わりないので、ビジネスをされている方がローンを組む時には考えてみるのも良いでしょう。

国民政策金融公庫とは?

国民政策金融公庫とは、銀行からのプロパー融資などの資金調達が困難である事業者に対して、融資を実施している公的機関です。

法人格を有する会社経営者はもちろんのこと、個人事業主からも相当有用な調達方法として知られています。

女性の場合、300万円以内の融資であれば、例外を除き、保証人や担保が不要で借り入れが出来ます。

審査には概ね1カ月ないし2カ月ほど経過してしまうために、その間、資金繰りの点からして2019年でも評価が高いビジネスローンを使用することをオススメします。



 

同ジャンル・関連ページ