ビジネスローン審査

当日審査対応のビジネスローンで
緊急事態の資金調達

ビジネスローンは最近では最短で当日審査、当日融資対応の場所もかなり増えていますし、資金調達が可能な金額も『最大3億円』までの場所もファクタリング業者ですが存在します。

資金調達を早急に行いたい場合、当日で審査を可能にするのが理想ですが、人によって大手の金融会社が何処かなど分からない点も出てきますので、こちらで法人や個人事業主向けのビジネスローンを紹介させて頂きます。

ここでは最短当日審査対応の知名度が高いビジネスローン、極度額が極めて高い最短当日で資金調達が可能にできるファクタリング業者なども紹介しますので、大至急現金が必要な法人、個人事業主等の会社経営者は参考にして頂けたらと思います。

ビジネスローンを利用する時に確認!

・実質年率、遅延利率を必ず確認すること!
・日本全域で対応している会社かを確認!
・どれくらい借りれるかを確認すること!
・融資までどれくらい時間がかかるかを確認!

 

ビジネクスト

4ステップで!
アイフル系列!
満20歳~満69歳
1万~1000万円
来店なしで契約可能

>詳細はコチラ

セゾンファンデックス

セゾンファンデックス【不動産担保ローン】

最大3億円!
日本全国対応!
24時間申込が!
年利2.65~9.90%
個人事業主でも!

>詳細はコチラ

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

年率6.8%~12.65%
来店不要
日本全国対応
個人法人問わず
担保・保証人不要

>詳細はコチラ

無保証人・無担保というメリット

法人や個人事業主が借入をする時、銀行からの場合は担保や保証人が必要となるケースがありますが、ビジネスローンなら保証人や担保が不要で融資を受ける事ができます。

これは事業主にとって大きなメリットで、迅速な融資を受ける事も可能になります。

最短の融資スピードは?

ビジネスローンのメリットには、スピーディーな融資を受けられるという点があります。銀行からの融資に比べ、ビジネスローン業者によっては最短1時間で審査が完了する事もあります。

また、当日の融資にも対応してもらえるので、急ぐ事業主にとってメリットの高い借入手段です。

提携ATMを利用して借入ができるので、ビジネスローンは便利さもあります。

ビジネスローンやファクタリングの特徴は?

ビジネスローンやファクタリングの特徴は何といっても緊急事態に即応してくれる速さです。詳しくはおすすめ業者のサービスをご覧いただければ分かるかと思いますが、最短当日での利用が可能な業者もあるほどです。従来の資金調達方法と比較してみるとその差がはっきりとわかりますよね。当日中に何とか目途を付けたい方には最適です。

使用用途自由で総量規制対象外

ビジネスローンの融資を受ける際、使用目的の決まりなどがなく事業に使うのであれば、その用途は問われないというメリットがあります。

事業主によって、融資を受ける目的はそれぞれ違いがあるので、使用用途自由はビジネスローンの魅力の一つです。

また、総量規制の対象外になるので、年収の3分の1を超える融資を受ける事も可能です。

ビジネクストのビジネスローン


アイフル株式会社のグループ会社なので安心!
限度額が1000万円と高額対応!
日本全国対応している!
ネットで申し込みができる!
年会費・保証料は無料!使用用途は自由!

スピード診断 WEB申込 実質年率 限度額
対応可能
対応可能
3.10~18.0%
1~1000万円
使用用途 年会費・保証料 個人事業主 担保
自由
無料
可能
原則不要
  ビジネクストの詳細はコチラ

迅速な融資!

ビジネクストでは、来店を要せず、インターネットのみで申込み手続が完了されます。そのためわざわざ店舗まで赴かなくても融資可能なのです。

申込みの際には仮審査を経たあとで、所定の書類を郵送か、あるいはFAXで送付し、その後の本審査に通過すれば晴れて借入に至るのです。

 
保証人も担保も不要!

ビジネクストは、担保を要せず更に保証人すら要しないビジネスローンです。通常の場合では、事業性資金に係る融資では、保証人及び担保を要する場合が顕著なのですが、特に担保については相当の準備期間が必要となってきます。

そのため迅速な融資を要望するのであれば、保証人も担保も要しないビジネクストを用いると良いでしょう。(※ ただし、法人の場合は代表者様に、原則連帯保証をお願いします。)

 
用途を問わない!

ビジネクストでは、事業性に係る資金であれば、どのような用途であっても借入金を用いることが可能です。

通常の場合では、事業を起こした際に要する費用や、設備の維持に係る資金などが必要となるのですが、設備資金の場合には、事業計画書を提出することによって借入金を利用することが可能となるのです。

ビジネスローン選びはまずこの二つ!

ビジネスローンならビジネクストかビジネスパートナーの二つがおすすめです。どちらも特徴を持っており状況に合わせて使うことができます。ビジネスパートナーは融資までの速さが魅力です。ビジネクストは限度額が大きい中でスピーディに対応してくれる点が特徴です。速さを最重要視するのか、サービス全体のバランスを重視するのかで考えてみることができます。

ビジネスパートナーのビジネスローン

法人がビジネスローンで審査をする時にビジネスパートナーを良く利用されていますよね。最短で1日のスピード審査がビジネスパートナーの大きな特徴になります。休日を除く翌営業日には審査の結果が出ます。なので、もし急なお金が必要になった場合はとても助かりますよね。

申し込みも来店不要でインターネットから行うことが可能なので、とてもスピーディーに申し込みを行うことが可能です。

ネットからの借入に対応

ビジネスパートナーのビジネスローンは来店が不要です。インターネットから借り入れの申し込みができるようになっており、HPから仮審査をして、仮審査を通過したら必要書類をビジネスパートナーへ送り、本審査が始まります。

審査通過後に通常通りの借り入れができるようになります。融資期間も3営業日あれば基本的に決まりますので、融資が早いのも大変魅力的なビジネスローンです。

独自の審査基準が大きな特徴

スモールビジネスローンと呼ばれる独自の審査基準の採用により、高い審査率も大きな特徴です。これは他社と比較しても高い審査の通過率を誇っているのです。

なので、もし他社に断られたといった場合でも、ビジネスパートナーなら1度落ちてしまった審査にも通る確立も高いと言えるでしょう。

ファクタリングも資金調達の時に役立つ

法人の方が資金調達する際、ビジネスローンという形以外にも売掛金を現金化して資金調達をするファクタリングも資金不足で悩む時、利用することができます。

法人の融資の際のビジネスローンとは特徴が全く違うので、最初は抵抗感があるかもしれませんが、ここでしっかりとファクタリングの詳細、ビジネスローンとの違い、メリットやデメリットなどを学び、法人の今後の事業展開に活躍させていきましょう。

新たなスタンダードプランです!

ファクタリングは新たな資金調達のスタンダードプラントなりつつあります。従来のビジネスローンにはない魅力を持っていますので、従来型の融資と併せて活用していくことが望ましいでしょう。売掛金を有していることが必須条件となりますが、うまく使えばより少ない時間と負担で、必要な資金を得ることもできるとあって、急速に人気が高まっています。

担保保証人を準備する必要は?

ファクタリングサービスは、借り入れ行為とならないため、担保や保証人を準備する必要がありません。

例えば、保証人の当てがない場合やお願いすることが出来ない状態でも資金調達に支障がありません。

また、価格変動の大きな不動産担保に対し、売掛金という資産が安定した金額となるため、必要な資金を調達することも可能です。

利益率の高い売掛金を効率よく売買出来れば、ビジネスローンよりもお得に利用出来る上、周囲に与えるリスクも軽減できます。

決算で不利になる事はある?

企業評価は四半期毎または1年毎の決算により、大きく影響されます。その際、銀行や消費者金融などの借入金は負債となり、財務指標としてはマイナスの評価になってしまいます。

しかし、ファクタリングにより売掛金という資産を速やかに現金化することで赤字決算を回避することが可能です。

赤字決算を回避することで、銀行などの金融機関から新たに借り入れを行う場合でも悪い評価条件にはなりません。

3者間なら自社のリスクが軽減

売掛金の増加は、万一の場合、貸し倒れのリスクも増加します。その際、売掛金の総額に対し一定割合で貸倒引当金を計上する必要があり、その金額も増加してしまいます。

結果、貸倒引当金が増加するほど取引先に不安を抱えると判断される可能性があります。

しかし、3者間取引なら自社に売掛金が減少することで、貸し倒れのリスクが軽減出来ます。

そして、貸倒引当金も減少するため、販路拡大のため取引先を増やす上で相手方が悪い印象を持つリスクも軽減出来ます。

選べる2種類のファクタリング!

ファクタリングには2者間取引と3者間取引の2種類があります。一般的には3者間取引は手数料が少ないというメリットがあり、2者間取引だと取引先と内緒でできるというメリットがあります。取引債権の種類や業者によっては2者間取引ができないケースもありますので、その点はまず確かめておくとおよいでしょう。

えんナビの特徴とは?

えんナビはまだ入ってきていない売掛金を資金化できるサービスです。売掛金はどうしても何ヶ月も後になってようやく現金として振り込まれる、となっているわけですが、これではどうしても資金繰りに困ることがあるわけです。

それを改善できるサービスであり、ファクタリングと呼ばれる金融行為でもあります。

現金化スピードは?

最短1日で現金化できるのが特徴です。売掛金さえあれば当日で現金化できるわけです。

秘密厳守であり、売り掛け先にも通知がされることはありませんから、どこからの信用を落すこともなく、資金繰りに活用することができるようになっているわけです。現金化する際の手数料は5%になります。

売掛金があれば保証人不要?

売掛金があればあくまで保証人などが不要になっています。対応できる金額としては30万円から5000万円です。

金融機関とは違って審査の内容が根本的に違います。融資ではなく、資金化であり、借りているわけではないので保証人などが不要になっています。つまりバランスシート上も負債になることがないわけです。

資金調達プロを利用するメリットは?

資金調達プロを利用し、資金調達をする方法はファクタリング(売掛金売買)となるため、金融機関からの負債とは異なります。

売掛金自体は実態があるモノと同じ考えになるため、商品の売買と同様になります。その結果、既に負債が多く、金融機関の審査に心配がある場合でも売掛金の価値と同等の金額を得ることが可能です。

また、より高額な融資を銀行から受け、設備投資などに充当したい場合は負債が審査結果に影響することを回避出来ます。

決算書に履歴が残らない

ファクタリング(売掛金売買)は負債とならないことは、金融機関の審査だけに影響を与えるものではありません。負債額は、決算報告書に記載されるため企業の業績を判断する指標にもなります。

ですからファクタリングにより資金調達をすることで、負債が増加しないため自社の株価や対外的評価への影響を軽減することが可能です。負債だけで業績を判断されるといったリスク回避には、メリットとなります。

自社に合った業者を見つけられる

資金調達プロは、提携事業者数が国内で1000社以上と多く、利用する側に最適なファクタリング会社やコンサルタント会社を選択することが可能です。

ファクタリング会社の審査を受けようと検討したものの、対象としない事業内容であったため、相談を断られる心配が無くなります。多数の会社が登録しているため、得意とするファクタリングサービスを受けることが可能です。

この分野のトップランカー!

資金調達プロはビジネスローンやファクタリングなどの法人向けサービスのトップランカーと言ってもいいメジャーなサービスを展開しています。特に提携数の多さや契約までのスピードの早さなどファクタリングの世界においては間違いなく日本有数の大手と言えるでしょう。最大3億円までの取引ができるのも魅力です。

ファクタリング東京のメリットは?

一般的な融資では申し込みから実際に資金を調達するまでに一定の日数が必要となります。

ファクタリング東京では諸事情により早急に必要とする利用者の為に、審査後から最短で当日の支払いを行なっています。一刻の猶予もない状況に陥っている場合、非常に頼もしいシステムであると言えるでしょう。

余分な費用が発生しない?

売掛金を売却した場合、手数料が発生するものの、金融機関からの借り入れの様に毎月または毎年利息が発生しません。

そのため、利益が多少減ってしまうものの、会社自体の負債の増加や支払利息といった費用の継続的な発生を避けることが出来ます。

独自の審査方式と徹底した秘密厳守

ファクタリング東京では自社で独自の審査基準を設けています。

この審査では金融機関における信用情報は参照されないので、過去に融資を断られてしまった利用者でも現金の調達が可能となる場合があります。自社が赤字決済であっても利用は可能なので、一度相談してみると良いでしょう。

最大どれくらいまで調達可能?

ファクタリング東京では少額から最大1億円までの高額資金を提供しています。

そして、審査を通過すれば1億円であっても最短で当日調達する事が可能です。

さらに自社との2社間取引を行えば取引先に知られる事なく資金を調達することも可能です。

ファクタリング東京の特徴

ファクタリング東京は比較的新しい業者ではありますが、既に人気が高まっておりサービスの質が高いことがうかがえます。当日審査でスピーディな対応でも知られており、比較的少額の債権の買取も行ってくれてますので、入門編としてとても使いやすいでしょう。東京以外の場所からの利用ももちろんできます!

スピーディな現金化を望むならJTC

資金調達で重要なのはスピードです。JTC独自の審査方法でスピーディに審査・提案を行い、一日でも早いお取引を目指しております。

実際に1日で契約・実行したケースは数多くございます。なるべく早く契約・実行をお望みの方はあらかじめ必要書類等をご準備の上、まずは、電話、ファックス、メール等でお問い合わせください。

2種類のファクタリングに対応

資金調達で大きな問題となるのはコストです。JTCでは可能な限りお客様のご要望にお応えする為に2種類のファクタリングに対応しています。

条件面でも低コストで資金調達が可能になるように業界トップクラスの好条件でのご提案をさせていただいております。他社でファクタリングをご利用中の方は、お見積りだけでも構いませんので是非一度比べてみてください。

経験と実績があるスタッフが対応

初めてファクタリングをご利用になる方は様々なご不安を抱えていらっしゃると思います。

JTCは2017年6月で5年目を迎える比較的若い会社ですが、その中でも数多くの企業様の資金調達をサポートしてまいりました。

それらの経験と実績に基づき、当社の誇るスペシャリスト達が出来るだけわかりやすくご説明・ご提案させていただきます。

継続して利用出来る

株式会社JTCなら、毎月決まった取引があれば、継続して資金調達が可能です。

継続して利用出来ることから、都度、売掛金売買の契約をする手間が省けます。また、継続して行うことで財務状況の改善を行うことが可能です。

休日を気にせず調達可能

銀行や貸金業者から融資を受ける場合、営業日でなければ審査および契約手続きが出来ません。

しかし、株式会社JTCは土日も面談および審査、そして契約手続きまで行うことができ、時間を無駄にすることがありません。

資金調達で苦慮し、支払日ギリギリとなり、土日を挟んだ場合でも最短翌月曜日に資金が手元に入ります。

土日対応もしてくれる!

株式会社JTCはまとまった金額のファクタリング取引をお考えの方におすすめです。しかも土日対応もしてくれるのでビジネスローンを申請していたのでは間に合わない急な資金需要などには最適です。法人企業が対象ですが、条件を満たせば個人事業主でも利用できますので、まずはメールで問い合わせをしてみてください。

そのほかの調達方法は?

最近国民政策金融公庫やクラウドファンディングから資金調達する流れがありますが、まず第一に国民政策金融公庫は手続きが面倒です。

短期の資金を必要としている方が多数いらっしゃることを考えると利便性がはよくないと言えるでしょう。

クラウドファンディングは運営主体がよくわからないので集めたお金をそのまま持ち逃げというパターンが横行しているので信用に欠けます。やはり短期の調達はビジネスローンやファクタリングに限ります。

国民政策金融公庫やクラウドファンディングより、すでにお分かりの通りバレない可能性が高いですし、速さで考えても1時間で融資をしてくれるので随一ですよね。



 

同ジャンル・関連ページ