クラウドバンク・フィナンシャルサービス

全国対応!
クラウドバンク・フィナンシャルサービス!

 
クラウドバンク・フィナンシャルサービスは、他では見られない、限度額『最大10億円』という高さが魅力のビジネスローン会社です。今回は、この会社の魅力をご紹介します。。

大きな資金調達が必要なら!

 
最大10億円は他にない!

クラウドバンク・フィナンシャルサービスの最大の特徴と言えば最大10億円までの取引が可能な点です。ノンバンク系の事業融資では500万円規模も多い事を考えるとここのすごさが良くわかりますよね!個人事業主の方でもまとまった利用が可能です。
 
大型利用でも早い!

最大10億円規模の資金調達が可能なクラウドバンク・フィナンシャルサービスはWEBからの申し込みに24時間対応しています。しかも全国どこからでも申し込みができるため、スピーディに審査へと進んでいきます。
 
口コミでも人気急上昇中!

口コミ体験談でも多くの喜びの声が寄せられています。その秘密はクラウドファンディングを利用した融資だからです。魅力的な事業や投資であれば、個人事業主や新興事業者でも大口契約を行えたという実績が口コミでも良くみられます。

高い限度額が魅力のクラウドバンク・フィナンシャルサービス!

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは、『最大10億円』という他では見ることのできない高い限度額が最大の魅力の、『法人・個人事業主の事業性資金の大きな手助けになる』借入先です。

これだけ大きな額面の資金調達が一度でできれば、新規事業の開拓や設備の拡張など様々な活用方法が思いつくはずです。

ですが、これだけ高い限度額が借入可能となると、その融資の借入対象となるのも難しそうに思ってしまいますよね。

ところがクラウドバンク・フィナンシャルサービスは資本金などや売上による制限などをかけているわけではありませんので、実は多くの法人・個人事業主が申込みを行うことができるんです。

魅力的な事業計画や将来性の高さを感じさせる企業であるほど審査に通りやすいという特徴がありますので、会社規模に関わらず契約審査を申込んでみる価値のある場所です。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスの詳細

まとまった資金需要を一気に解決できる秘密は?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスなら通常の銀行ローンやビジネスローンでは考えられないほどの高い限度額での活用が可能なのは、他には中々無いクラウドファウンディングを利用した資金調達法だからです。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスはクラウドファウンディングに精通している企業として知られるクラウドバンク株式会社の子会社であり、投資家から高い信頼を得ている業者ですので多くの資金調達を可能としています。

当然ですが、個人や一般企業が自分なりに募集をかけてクラウドファウンディングで調達を行っても、これほどに大きな額面のお金を集めるのはほぼ不可能です。

ですが、この場所を活用すれば『最大10億円』という大口で一気に調達ができる可能性があります。なかなかクリアできなかった事業展開や運営にまつわる資金需要の問題が一気に解決できるとしたら、ここしか無いかも知れません。

全国対応だから地方からもOK!

全国対応可能なクラウドバンク・フィナンシャルサービスであれば、24時間365日いつでもキャッシュが必要となったタイミングでWEBから申込み手続きを開始していただけます!

融資を希望する場合は公式サイトの『Contact』の下にある赤いボタンをクリックするか、メニューから『融資のご相談』を選択してください。

表示された画面の入力フォームに従って必要事項を打ち込んで送信すれば申込みは完了です。

内容確認後に担当者から連絡が入りますので、相談をしながら引き続き手続きを進めていくことになります。

この作業はパソコンからだけでなくスマホからでも行うことが可能です。

入力項目数は少なくはありませんが、スマホ慣れしている方ならそれほど手間はかからないはずです。大型契約が可能でありながらも手軽に申込めるというのも、この場所の魅力の1つです。

低めの金利設定で人気!

大きく借入しても低金利のクラウドバンク・フィナンシャルサービスならば、返済時に利息ばかり支払うことにはならなくて済みます。この場所の貸付利率の下限は年率で6.00%上限年率は15.00%となっています。

ビジネスローンの中には下限でも10%を超える場所が少なくないことを考えれば、かなりの低金利と言うことができますね。

また、この利率の中には融資取扱手数料も含まれていますので安心です。さらに元利均等方式で返済を進めることができますので、最終の支払い時以外は毎回定額での返済を行うことができます。

元利均等方式を選択することで毎月の返済額が変動しなくなり、返済の負担を感じにくくしてくれますし、返済スケジュールを立てる点でも便利です。

「大型の資金調達を受けるなら少しでも年利の低い場所を選ぶべき」、そうお考えならばクラウドバンク・フィナンシャルサービスを選ぶことをおすすめします。

それほどまだ事業実績がないのですが申し込めますか?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは、融資型クラウドファンディングです。

サービスを提供しているクラウドバンク・フィナンシャルサービスが仲介者となって投資家達から出資を集めて、サービス利用者に融資をします。

銀行などでは融資リスクが高い為に事業実績がないと断られる事が多いですが、融資型クラウドファンディングは基本的に融資リスク(投資リスク)は投資家が負うために、事業実績が低くても事業計画がしっかりとしたものであれば、全国どこからでもWEBで申込み、審査に通って資金調達する事も可能となっています。

申込や審査で気を付けることがありますか?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスを利用する際に気を付けなければいけない事は二つあります。

① 担保が必要

担保不要というローンも増えて来ましたが、クラウドバンク・フィナンシャルサービスでは有価証券、預金担保などの担保を用意する必要があります。最大10億円という大きさを考えると当然の事と言えるでしょう。

② 資金使途

事業運転資金、不動産購入資金、再生エネルギー事業開発資金、その他借換費用など事業に関わる目的でしか申込をする事ができません。

個人事業主ですが、大口資金の調達が可能ですか?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは投資家の皆さんから資金を集めて出資してもらう融資型クラウドファンディングです。

この為、借入限度額は上限が10億円と高額になっており、通常のノンバンク系のローンとは比較にならない程の金額を調達する事も可能となります。

ただし、事業資金をどのように運用使用するのか魅力的な計画を立てなければ、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの審査を通ったとしても、投資家が見向きもせずに資金が必要額集まらない場合があります。

資金をより多く調達するためには、プレゼン資料の作り方やアピールも重要な要素となるわけです。

逆に言えば、ビジネスプランとしての投資的価値や魅力があれば新興企業や実績が少ない事業者、個人事業主でも一気にまとまった金額が期待できるという事でもあります。

夢のあるローンですから、これから拡大していこうという意欲や野望をもった経営者の方にはピッタリです。

担保アリでも早い理由は?

銀行から事業資金の貸付を受ける際、審査から契約手続きそして実行まで2ヶ月以上かかることは少なくはありません。

しかし、クラウドバンク・フィナンシャルサービスの場合、担保アリにはなるものの、より短期間で貸付を受けることができます。

融資審査は通常の銀行による貸付とは異なる基準により行われ、事業内容と貸付による投資効果というより現実性を考慮したものとなります。

必要な書類も銀行での審査とは異なり、3期分の決算書類や中期的な経営計画の提出を求められるいった準備の手間も少ないのが特徴です。

また、何度も審査のために面談を受け、その都度対応内容が変わるといったこともないのがクラウドバンク・フィナンシャルサービスの融資スピードの早さに繋がっています。

銀行融資よりメリットを感じる点は?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスが銀行融資と比較してメリットがあるのは、融資限度額が10億円と高いこと、融資審査を独自基準で行うなどの柔軟性にあります。

銀行から事業資金の貸付を受ける際、赤字決算ではないこと、3期以上の営業実態があるなどが条件となっています。

そのため、新規事業を行う会社の設立資金の融資が受けられないといった問題があります。

しかし、クラウドバンク・フィナンシャルサービスでは、事業年数に影響されないこと、法人だけでなく個人事業主でも担保があれば会社設立をこれから行うという際にも資金調達を行うことができます。

クラウドバンク・フィナンシャルサービスはどんな会社?

クラウドバンク・フィナンシャルサービスは、事業資金の相談や貸付を行う貸金事業だけでなく、組合や団体の資産運用、管理や業務遂行など金融事業を展開する会社です。

クラウドバンク株式会社を親会社とし、グループには日本クラウド証券株式会社もあり、日本国内におけるクラウドファインディングによる資金調達を専門とする会社です。

銀行の場合、銀行資産を企業に貸付するという形となりますが、クライドファインディングは投資家から資金を募り、事業資金を希望する会社に投資を行います。

事業内容の実現性や投資による回収利益を考慮して審査を行うため、『会社規模が小さい、強力な後ろ盾がない』という場合でも高額な資金調達が期待できます。



 

同ジャンル・関連ページ