株式会社の資金調達は!

株式会社の資金調達は
ファクタリングやビジネスローンで!

株式会社の資金調達はビジネスローンやファクタリングで!

株式会社が資金調達をする際、当日対応のファクタリング業者やスピーディに対応してくれるビジネスローンなどが便利ですよね。もちろん、今現在はWEBを利用する事により、素早い対応が可能なそれらの業者もかなり増えてきました。

株式会社対応のビジネスローンで言えば、ビジネクストやビジネスパートナー、当日中に審査を可能にしたい株式会社向けのファクタリング業者で言えば、えんナビ、資金調達プロやファクタリング東京、株式会社JTCなどが挙げられます。

しかし、当然株式会社を運営されている方で初めて大口の資金調達を行う際、どこのビジネスローン、ファクタリングが一番スピード感がある調達速度かなど知らない点もあると思います。

ですので、今回は株式会社が非常事態で当日対応してくれるファクタリング、ビジネスローンなどを探す場合、何処に注意を置くべきか、何処が早い審査をしてくれるのかなど、分からない点を詳しく掲載していきたいと思います。

ファクタリングとビジネスローンの違い

事業を進めていく際に必要な資金調達を行う際に銀行融資やビジネスローンとは違って、ファクタリングは売掛金の売買を行うことによってスピーディーな融資を行うことができるようになっています。

銀行融資やビジネスローンなどの場合は通常審査期間としては、1ヶ月が目安になってきますがファクタリングの場合であれば当日で現金化することもできるようになっています。

ファクタリングは融資とは異なっているのでキャッシュフローを改善するメリットも備えています。

違いをしっかり見極める!

ファクタリングとビジネスローンの違いをしっかりと見極めれば適した資金調達方法が見えてきます。株式会社として経営を行っておられるならどちらも基本的には利用可能です。ファクタリングは売掛金を持っていることが一つの条件ですが、融資に比べるとスピーディーで経営状態に左右されにくいというメリットがあります。

赤字決算や税金滞納時でも売掛金があれば!

通常資金調達を行う際には、できるだけ早く現金化しておきたいものですが、ファクタリングであれば、例え赤字決算や税金滞納時でも売掛金さえ上がっていれば当日現金融資といったことも可能になってくるのです。

売掛金を売却するので借入金とは違って返済の必要性がないところや銀行に利用していることがわからないということも嬉しい側面となっています。

銀行融資を断られた際にも可能性としてファクタリングを抑えておくことも安心になります。

スムーズに契約を進めていくためには!

ファクタリング契約の際には、商業登記簿謄本、決算書・確定申告書、取引や入金が確認出来る書類、通帳、取引先との契約書、発注所・納品書・請求書、印鑑証明を準備しておくとスムーズに契約を進めていくことができます。

この他にも必要な書類がある場合はファクタリング会社から指示されるので適宜準備していくことになります。審査の際には、融資ではないので連帯保証人は基本的には必要とされません。

担保なしでいける!

ファクタリングのメリットの一つが基本的に担保や保証人が必要ないという事です。なぜなら債権の売買ですのでそうした保証が不要だからです。抵当権の設定が難しい株式会社の方などには特におすすめです。そうした保証が不要ですので準備すべき書類も少なくて済むという特徴もあります。ですから当日中に取引を行う事もできるんです。

えんナビは最短のファクタリング

えんナビのファクタリングは情報機関などに審査を照会することがないので、過去に金融事故や赤字決算があった場合や税金の滞納をしていても借りられます。

ビジネスローンとは根本的に審査方法が異なり売掛金を担保にするだけなので、最短で翌日には銀行口座の方へ入金をしてもらえます。

売掛金があるのに手元に現金がないと、給料の支払いや仕入先からの買い入れができなくなってしまいます。そんなときファクタリングを利用すれば、売掛金を現金をすることができます。

キャッシュフローが正常化にできない会社は!

えんナビの手数料は業界最低水準なので売掛金が多くても会社に大きな負担がかかることはありません。支払いがあるのに期日まで返済できないと会社にとってもダメージを負ってしまうことになります。

キャッシュフローを改善することで企業の価値も上がるので信頼されやすくなります。一時的に現金が不足しているためにキャッシュフローが正常化にできないのは会社としてもったいないことです。

売掛金をなんとか現金にできないものかとお考えならファクタリングに相談すれば解決します。

経営にうれしいメリット!

ファクタリングを利用することで対外的な経営状況が好転するというメリットがあります。売買取引ですので負債が増えるわけではなくキャッシュが増えるためバランスシートの改善が図れます。それによって新たな融資の機会が開かれる可能性もでてきますよね!ですから決算前などに利用することで株式会社としての価値を高めることもできます。

直接取引先へ関わることがない!

えんナビでは最初に売掛金の発行を取引先企業の方から出してもらいます。次にファクタリングの方で申し込みをして請求金額の前払いをしてもらいます。

申し込みから早くて翌日には銀行口座の方へ入金されます。申込者本人の方へ取引先から入金があったら、手数料を沿えてファクタリング会社の方へ送金します。

ファクタリング会社が直接取引先へ関わることがないので、前払いを受けたということを知られずに資金調達が行えます。

株式会社とは?

株式を発行して調達した事業資金を元に事業を進めていく会社の事を株式会社と言います。

株式会社として事業を進めていく中で利益が上がっていけば株数が多ければ多いほど配当金を受け取る事も出来てしまいます。

また事業を進めていくうえで株主と経営者が異なり出資する人が別人でも構わないので力のある人だと自己資金がなくても事業を進める事が出来てしまいます。

合同会社とは?

合同会社は負債が出た時などに間接的に責任を負う間接有限責任社員によって構成されている会社の事を言います。大きな事業を進めていく時はあまり適していませんが、小さな事業を勧めていく時は適している会社形態です。

会社を設立する時に1人でも可能なので必ず雇用をしなくてもいいという点がメリットになります。また登録免許税が株式会社の約半額なので設立コストが安いのもメリットになります。

合名会社とは?

合名会社は資本金の制度が特に定められていないので現金による出資が義務付けられていません。

それで株式会社などより設立時の費用が安く抑える事が出来るので少ない資金で設立する事が出来るのも合名会社の特徴になります。

また合名会社は会社法に反しないようにすれば定款を自由に規定する事が出来るので内部組織を作りやすいメリットもあります。

合資会社とは?

会社の負債が発生してしまった時に責任を負う必要がある有限責任社員と直接責任を負わない無限責任社員に分類される事が多いですが、両方で構成されている会社の事を合資会社と言います。

合資会社は少人数で設立する事が可能なので初期費用を安く抑える事が出来るメリットがあります。

しかし最低2人以上の社員がいないといけないので常に最低1人は雇用しなければいけません。

どちらを選ぶか!?

ファクタリングとローンの違いやメリットやデメリットがそれぞれあることは良く理解されたにちがいありません。後は株式会社としての経営方針や資金調達の緊急度によって選択肢は変わってくるでしょう。一概にどちらにメリットが多いと言い切れませんので、まずは売掛金があるなら無料査定を受けてみるのも一つの方法です。



 

同ジャンル・関連ページ


プロミス