法人ローン

  • 最短即日
  • 最短即日の法人ローンは!

えんナビ えんナビ
最短1日で資金が!
最大5000万!
債務超過の時でも!
24時間対応!
国も認めてるので安心!

スピード 限度額 申込時間
最短1日 30万~5000万円 24時間可能
秘密厳守 スピード 総合評価
可能 4ステップ ☆☆☆☆☆

ビジネクスト ビジネクスト
4ステップで融資!
様々なニーズに!
満20歳~満69歳
1万~1000万円

限度額
100万以上
限度額
100万未満
限度額 対象年齢
8.0%~15.0% 13.0%~18.0% 1万円~
1000万円
満20歳~
満69歳まで
総量規制 保証人や担保 WEB完結 融資
対象者
総量規制
の例外です
無保証・無担保 ※1 来店不要で便利 法人または
個人事業主


(※1 ただし、法人の場合は代表者様に、原則連帯保証をお願いします。最短即日 ※申込時間帯などによっては対応できません。)
資金調達プロ 資金調達プロ
ネット契約に対応!
最短即日融資!
10秒無料診断も!
最大3億円調達!

スピード 申込時間 つなぎ融資
最短
即日入金
24時間
対応可能
対応
可能
無料診断 限度額 総合評価
10秒で
可能
100万円~
3億円
☆☆☆☆☆

緊急事態に強いスピード法人ローン!

最短1日で審査完了も!

法人ローンの魅力は何といってもスピードの早さです。審査完了まで最短1日という速さで資金調達ができてしまいます。24時間いつでもネットから申し込めるので今からすぐにアクセスできます!

来店不要で手間いらず!

人気の法人ローンであればWEBからの申し込み後も来店不要で手続きは自宅や会社から行う事が可能です。担保不要での利用ができるため準備する書類も少なくて済みます。

大口利用もできる!

個人事業主の方には数十万などの比較的少額利用もできますし、500万円~800万円規模のまとまった大口利用もできるのが法人ローンの良さです。緊急事態にスピーディにまとめて借りれるので一気に資金問題を解決できます。

売掛金の売却という方法も!

ファクタリングによって売掛金を売却して資金調達するという方法もあります。メリットは融資以上の速さで取引できることと、赤字決算や税金滞納中などでも契約の見込みがあることです。

>法人がローンを利用される時はコチラから!

法人ローンで最短即日の資金調達を!

ビジネスローンの優れているところをあげるとすれば、他の融資等に比べて急に資金が必要になった際にすぐに対応できることだと感じている経営者が非常に多くいらっしゃいます。

審査の速さは業者によって様々ですが、最短では30分の会社もあるほどですので、他の融資方法に比べると非常に早く、即日引き出すことも可能になっているのが、メリットの一つです。

それと、ビジネスをされている方で、資金繰りの問題に頭を悩まされたことのある方は少なくないと思います。

ビジネスローンは公的融資や銀行に比べ高い金利が設定されていますので、長期的な借入ではなく、あくまで次の融資が決まるまでのつなぎ融資、緊急時に対処するための資金として捉え利用することにメリットがあります。

比較してから借入即日融資を可能にする

担保や連帯保証人不必要!自由度が高い!

ガッツポーズの働く女性借入の自由度と同時に返済方法や返済期間などもある程度融通が利くようリボ払い方式を取り入れる会社が増えてきています。

また会社によっては分割払いのみ選択が可能という場合もありますが、その場合でも返済回数の選択が広くなっているので比較的自由度が高い返済計画を立てられるのが特徴となっています。

それと、嬉しいことにビジネスローンは、銀行融資や不動産担保ローン等とは違い、担保や連帯保証人が必要ありません。

普通お金を借りるとなると、連帯保証人を立てることが当たり前のことがほとんどですので、数百万円くらいの資金が、すぐに必要になったときには、ビジネスローンは非常に便利だと思います。

もちろん会社によって利用条件が異なりますので、しっかりと確認してから審査をするようにしましょう。

銀行融資との違いは?

 法人ローンと銀行融資の大きな違いの一つが担保や連帯保証人の有無です。抵当権の設定や保証人の選任はかなりの手間と労力を必要としますし、すでに抵当権を設定しているなどの状況では新たな資金調達が難しいケースもありますよね。そんな時でも使えるのが法人ローンを行っているノンバンク系の金融会社です。

使い道が自由!総量規制対象外!

こちらで紹介する大半のビジネスローンは事業目的であれば使い道が自由となっています。

新しい事業展開のための設備投資などの資金、従業員の給料や賞与の支払い、法人税など納税のための資金など事業目的であれば幅広く利用する事が出来るのですごく便利です。

事業をしているといろいろな部分でお金に困るので使い道が自由なのは大きな魅力です。

あと、貸金業者は総量規制の対象になっているので収入によって限度額も決められてしまいます。しかし当サイトで紹介している大半のビジネスローンは事業性資金の融資に分類されるので総量規制の対象外になります。

総量規制の対象外になると融資を受ける時に収入による制限もなくなるので多額の借り入れをしたい時に好都合になります。

2社間のファクタリングと3社間のファクタリングがある!

合図をしているファクタリングを契約する際には、2社間のファクタリングと3社間のファクタリングとに分けることができます。いずれにも長所と短所とがあります。

ファクタリングをする際には、売掛先に対して審査がなされます。そうすると、この売掛先について、承諾を得ているか否かが3社間と2社間とで異なっているということになるのです。

2社間のファクタリングの場合であれば、このような承諾がなされないままに資金調達が可能となるのです。

予定通りの回収サイトによれば、3社間のファクタリングでは、ファクタリング会社へ売掛金が支払われるのに対して、2社間のファクタリングでは、売掛金を集金する必要があるのです。

掛け目、手数料、実行日などの契約条件について

ファクタリングによる資金調達の際には、本来の売掛金から7割ないし9割相当減額された上で、規定の手数料相当額分が減額された上で現金が支払われます。

この7割ないし9割といった割合のことを掛け目と称するのです。手数料はファクタリング会社の儲けであることから戻ってきませんが、掛け目は通常の場合であれば、返戻されてきます。

ただ、契約上、掛け目が返戻されないこともあり得ることから、入念に契約書をみておきましょう。また、実行日なども契約条件としてチェックしておきましょう。

ダメだった事態でもしっかり対応してくれる!

ファクタリングであれば、通常の事業性資金に係る融資とは異なり、たとえ、税金滞納中・ ビジネスローンがダメだった・商工ローンがダメ・つなぎ融資が受けられないなどといった場合であっても対応可能なのです。

税金滞納中であったり、社会保険料の支払が遅延していれば、銀行融資は当然に難しくなってきます。

しかし、ファクタリングは、通常の融資方法とは全く異なる手法で資金調達をしてくれるために、このような事態に陥った場合であっても対応してくれるのですよ。

それというのもファクタリングでは、通常の融資とは異なり、審査対象が資金調達を希望する企業ではなく、その取引先(売掛先)の企業となっているからなのです。

無論のこと、審査対象となる企業に上記のような事情があれば、それは資金調達が困難となるのですが、ファクタリングについては、利用しようとする会社に上記のような事情があろうとも、これ自体をもって対応不可能ということはないのです。

ビジネスパートナーは緊急事態に人気の法人ローン!

ガッツポーズしてる女性四人ビジネスパートナーは緊急事態で困っている法人、個人事業主の方に非常に人気が高い有名な法人ローンですよね。

ビジネスパートナーのいいところは、何と言っても24時間365日いつでもどこでも利用することができるところです。

全国にあるセブン銀行でカード利用できるので大変便利です。セブンイレブンがあれば、いつでもどこでも利用でき、返済もできますので、自分のペースで借り入れと返済ができるのは、このカードの特徴です。

またカード発行から借り入れ返済が誰にも会わずにできることもとてもいいと思います。

最短即日審査!担保や保証人が原則不要!

ビジネスパートナーは、事業資金を補うにあたりカード発行する際に、担保や保証人が原則不要なのも嬉しいところです。

しかも最短即日審査もやってくれますので、急な資金の調達が必要になったときには便利なカードですので、事前に作っておいて持っておくのもいいと思います。

事業資金であれば、基本的にどのような事由に使用するかは問題ないですので、経営者にとってはなくてはならないカードだと思います。

速さで選べば一番!

 ビジネスパートナーは最短即日審査を行ってくれますので、法人ローンの中でも速さで考えると間違いなく最速クラスです。また極度額も500万円とスピード系事業者の中では比較的まとめて貸してもらう事も可能ですので、個人事業者から中小企業まで広く利用されています。他にも便利なATMカードの発行など最新サービスにも積極的に取り組んでいます。

ビジネクストは来店不要で保証人不要!

合図をしてる女性ビジネクストは法人向けのローンとしては極めて人気が高いローン会社となっています。基本的にビジネクストはインターネットで申し込むことができるので、店舗に行かなくても契約できることもビジネクストのメリットです。

申し込みの流れとしては、ビジネクストのホームページで申込フォームに入力して、仮審査をしてもらいます。

審査に通ったらビジネクストへ必要書類を送り、本審査、審査が通ると契約を進め、融資が可能になります。ネットで完結できるので忙しい個人事業主にはこちらもメリットになります。

それと、嬉しいことにビジネクストの場合、事業性融資のため裁量規制の対象外となります。

なので、年収の3分の1という規制にこだわることなく一定の要件を満たすことで融資を受けることができるので、個人事業主にとっては大きなメリットになります。

また、原則としてビジネクストは保証人、担保不要です。しかし、法人の場合は代表者が連帯保証となります。

他の金融機関は個人事業主が融資を受けようとする場合、保証人や担保が必要なところが多く、その用意にある程度時間がかかってしまいます。

急いで資金調達しないといけない個人事業主には保証人、担保不要のビジネクストはメリットです。

4ステップで借入可能にする方法は!?

1.まずは公式サイトを訪問しましょう。その際に、個人名か会社名などを始めとする必要事項を記載するとともに、規約に同意します。この際に審査に悪影響を及ぼさないためにも正確に記載することを心掛けましょう。

2.そして、この記載事項に基づき仮審査がなされるのですが、これが完了した後で必要書類を郵送します。

3.その必要書類を基準に本審査を経るのですが、仮審査ほどは入念になされません。確認をする程度に留まっています。

4.本審査に通過すればいよいよ借入可能となります。

100万円まででしたら実質年率が13.0%~18.0%と低利息!

計算機を持ってるビジネクストは個人の申し込みなら保証人と担保は必要としません。事業資金なら使用用途問わず申し込めます。借入れするとき100万円まででしたら実質年率が13.0%~18.0%で借りられるので、10万円借りた場合最初の利息は約1500円です。

元金と利息を合わせて月々2500円ずつ返済していけば5年で完済します。100万円を超える場合は8~15%になり、限度額は最大で1,000万円まで借りることができます。

100万円を借りたとき実質年率15%で5年で完済する場合の利息は1ヶ月で約12,500円となります。最小融資は1万円から借りることができます。

飲食店経営の方、土木関係の経営者でも!

事業目的なら自営業を営んでる方の申し込みやレストランなどの飲食店経営の方、土木関係の経営者などオンラインから申し込みができるので来店は不要です。

ネットで仮審査ができるので実際に申し込みできるのか事前確認ができます。カードを発行した際の手数料は無料なので、お客様の負担をかけることなく契約ができます。

今月中に支払いを済ませなければならなかったり、設備投資したいのに銀行から借りられないときは、ビジネクストで相談に応じてくれます。

プロミスやアコム、ビジネスローンやファクタリングを使い分ける!

個人で急にまとまったお金が必要になったときにいかに資金を調達するかは、断然プロミスやアコムのようなキャッシング会社が便利だと思います。

特にプロミスやアコム等は30分で審査が完了して、借り入れも即日が可能なので便利です。しかも初めての利用は30日無利息です。

法人でもビジネスローンやファクタリング会社を使うことで、保証人や担保がなくても事業資金として必要なものであれば、借り入れができますのでとても便利だと思います。

急に小口の融資をしてほしい時には!

 急に小口の融資をしてほしい時には、キャッシングを考えてみるのはいいことだと思います。インターネットから申し込むことで最短30分以内での審査がでますので、そこで審査が通れば、無人機等を使うことで1時間以内に借り入れが可能な場合もあります。非常事態に備えて事前にカードを作っておくのがいいとは思いますが、本当に急な場合でも即日借り入れができるのがキャッシングのメリットだと思います。

国民政策金融公庫とは?

国民政策金融公庫とは、事業に必要な運転資金や設備資金が対象になる融資制度です。

個人事業主や中小企業が事業をおこなうにあたって、銀行からの資金調達が難しい場合にはとても心強い資金の調達方法です。

しかし融資審査には通常1ヶ月から2ヶ月かかる場合が多いので、事業を開始する場合は事前に申請しておくほうがいいと思います。

融資を受けるには事業の内容をきっちり相手に伝えることも重要になるので、事業を自信もって伝えればいいと思います。

えんナビでファクタリングを!

えんナビの魅力は高いファクタリング可能額にあるといえるでしょう。最大で5000万円まで、正確に言えば30万円から5000万円という金額まで対応可能になっています。

最短で1日で審査は完了して、スピーディーな資金調達が可能になっていますから、資金繰りには最適です。

それと、すでにお分かりの方もいらっしゃると思いますが、資金調達の方法というのは様々ですがファクタリングであれば融資ではないので借りるわけではないことになります。

それはつまり、バランスシート上の負債になることがなく、売掛金さえあれば即日の現金化も可能であるわけです。資金調達法として極めて有効的といえるでしょう。

秘密厳守で人気のファクタリングサービス!

 ファクタリングサービスを受けたことは当然、秘密厳守です。売り掛け先に通知したりすることは一切ないのです。信用情報などにも一切影響がありませんから、安心して利用することが可能なのがえんナビの魅力といえるでしょう。信用情報を汚すことなく、利用できるわけです。

資金ショートで銀行で不可能になった時でも!

考える男性企業が倒産に至る理由とは、主に資金ショートです。資金ショートとは、すでにお分かりのとおり『企業に現金や預貯金がない状態』となります。

やはり、いくら売上が順調であったとしても、資金が底をついていれば、今後の経営を継続させることが困難になるといわざるを得ないのですよね。

売掛先から現金を得るまでには、何ヶ月も先になります。そのような支払いの問題を解決させるという意味でファクタリングを用いることが有用なのです。

また、銀行融資を断られてしまった場合でも、えんナビで資金調達できる場合があります。えんナビの審査は融資とは異なり、独自の審査基準があるのです。

通常の融資の場合には、資金を得る側が審査対象となるのに対して、えんナビでは、取引先が審査対象となるために、銀行融資などで不可能とされた場合でも安心して審査に望めます。

法人の資金調達は株式会社JTCで!

株式会社JTCなら、独自の審査方法を持っているため、最短で1日で契約し実行した実績もあります。契約には、必要書類がいくつかありますので、それらを揃えてもらう必要がありますが、概ね3日で入金が可能となっています。

そのため、差し迫った税金の支払い時など、急ぎの場合も、頼りになります。また、金融会社は、平日のみの営業と思われがちですが、株式会社JTCなら土日でも受付および契約が可能です。

また、出張も可能ですので、忙しくて会社を訪ねる時間がない方でも大丈夫です。ただし、土日でも対応可能なのは、契約までとなり、実際の入金手続きは平日でないと行えませんので注意も必要です。

情報管理も万全!

 株式会社JTCは、設立して5年目の若い会社ではありますが、情報セキュリティの国際規格ISO27001を取得しています。スタッフは、経験豊富なスペシャリストが揃っていますので、安心して取引をすることができます。資金調達について、実績に基づいた分かりやすい提案が受けられます。

最短即日のファクタリング東京から!

書類を見て考える女性ファクタリングを利用する際には、調達できる金額の大きさが重視される事もあります。設備資金などが必要な時には、まとまった資金が求められる事も少なくないからです。

その点ファクタリング東京は、その金額に関わるメリットがあります。最大で1億円の買取も可能な会社だからです。

それと、ファクタリング東京でファクタリングを行うメリットは、その手続が容易であることです。

融資であれば、申請者の経営状況を把握しなければならないために、煩わしい手続が行われるのですが、ファクタリングは融資とはその性質を異にしているために、そのような手続は不要なのです。

回収不能な非常事態でも担保不要で!

ファクタリングとは、売掛金を買い取ってもらうサービスであるために、これにより資金調達を実現できることから、急遽資金難に陥った際にもファクタリング東京のような会社は相当有用なのです。

銀行から融資を受ける場合には担保を供しなければならない場合があるのに対して、ファクタリング東京ではその必要性がありません。

今後の融資に際して、『貸借対照表を最適化させることも可能』なのです。さらに、あらかじめ売掛金を買い取ってもらうことにより、万一回収できなくなるような事態に備えることも可能になるのです。

もし取引先の落ち度により回収不能となっても、その落ち度は売掛金が回収できなくなった企業に降り掛かってくるのです。

資金調達プロで事業資金の調達を!

会社では、たまに資金を調達したいと思う事があります。設備投資などが必要なので、何とかお金を調達したい状況もあるでしょう。そういう時は、資金調達プロというサイトが便利です。

全国にある資金調達の業者を、速やかに検索できるシステムが完備されているからです。便利な資金調達の業者を探したい時には、活用すると良いでしょう。

それと、嬉しい話、資金調達プロは、匿名に関わるメリットがあります。このサービスを利用しますと、全国にある様々な資金調達の業者を検索できます。

しかも、それが匿名で利用可能なのです。わざわざ名前を伝える必要もありません。プライバシーが気になる方々にとっては、とてもメリットが大きなシステムです。

それと、資金調達プロは、利用料金に関わる特長があります。というのもこのサービスを利用する時には、特にまとまった費用が発生する事もありません。

無料で、様々な調達手段を知ることができる訳です。業者に何かを依頼する時には、とかく料金が必要な事例も多いものです。その点資金調達プロは無料で利用できるので、多くの方々が高く評価しています。

ファクタリングの実績が豊富!

 資金調達プロは法人ローンの利用が難しいという赤字企業や税金滞納状況などの再建途上の企業でも利用できる可能性があります。ファクタリングでは債権の有効性が最も重視されるためこうした取引が可能なのです。実績が豊富な資金調達プロなら様々な債権の買取が可能なため、介護系や建設や土木関連の売掛債権も活用できます!

個人事業主でも借りれるプロミスは即日融資に対応している!

個人事業主の方にプロミスは即日融資にも対応していますので、非常事態にかなり便利ですよね。提出しなければいけない書類の量も非常に少なくプロミスは審査が早いので、急にお金が必要になったときにも便利です。

申し込みをしてから最短で30分で審査の結果を知ることができます。キャッシングを利用するとき、家族にしられたくないこともあるでしょう。プロミスは、担保や保証人が必要ないので安心して利用できます。

店舗に行くと知り合いに会うリスクも高くなってしまいますがプロミスはスマホなどを使い、WEBからでもキャッシングを申し込むことができます。

ちなみにWEBでキャッシングの申し込みをするとき、50万円以下の借り入れなら運転免許証などの本人確認書類のみで申し込みができます。

50万円以上の借り入れなら、源泉徴収票などの収入が証明できる書類も必要になります。(高額を借りたい個人事業主の方は異なります。)

即日融資を希望するなら、あらかじめ用意しておきましょう。WEBで申し込む場合、プロミスのサイトから申し込みを行います。名前や住所、勤務先など必要な情報を入力して申し込みをします。

WEBだけで手続きを済ませることもできますし、電話での確認をあわせることでWEBでの入力項目を少なく済ませる方法もありますので早急に借入をしたい個人事業主はプロミスで選ぶのも良い判断です。

法人の即日融資はビジネスローンから!

一昔前まではちょっとばかり敷居の高かった法人向けのローン。でも、最近は本当に利用者のことを考えた、利用しやすいものとなりました。法人向けのローンを利用する利点を3点ばかり考えてみました。

まず、どこからお金を融資してもらおうかと考えたときに選択の幅が広くなりました。今は銀行機関でも積極的に融資を行っています。しかも、融資が可能か否か、すぐにわかるようになりました。

そして、実査に融資を受けるのも即日と非常にスピーディ、便利です。コンビニからも申込みが可能です。これはとても便利なサービスだと思います。

次に挙げられる利便性としては、自営業、個人事業主の方でも融資が受けられる場合があるということです。

勤続年数が少なくても申込ができるということもありますし、ある一定金額までは収入証明書なしでも融資可能なことが多いです。最後に法人ローンならではの安心感です。

初めて借り入れする方は30日利息が無料のところもありますし、金利や利用限度額もしっかりと明示されています。

無担保、無保証でもしっかりローンが組めるところがあります。そして、いつでも返せて、利息は借りた日数分だけというのも魅力だと思います。



 

同ジャンル・関連ページ


プロミス