妊娠費用ローン

 
妊娠をされてこれから出産をされる女性の方にとって、出産までの費用については悩みの種かとお察しします。出産育児一時金という一時金が健康保険等から給付されますが、その後の育児のことなども考えると心許ないという方もおられることでしょう。

そんな方のお力になれるレディースキャッシングローンを、今回はご紹介させていただきます。
 

レディースプロミス

最短即日融資
30日無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円

>詳細はコチラ

アコム

最短即日
30日無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円

>詳細はコチラ

レディースフタバ

最短即日
30日無利息
保証人不要
20歳~70歳以下

>準備中

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が できない場合があります。ランキングは融資時間や年利などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


 

妊娠費用の平均はどれくらい?

妊娠し無事に出産を終えるまでに必要な『妊娠費用』は、一人当たり平均で70万円程度と言われています。

妊婦検診で10万円ほど、入院代と分娩費は合わせて50万円ほどが必要になり、これにプラスしてマタニティウェアなど出産に向けて必要な物の購入費などで数万円という内訳です。

妊娠し出産するまでには、大きなお金が必要になるということですね。

妊娠費用の大半は公的援助でまかなえる?

平均で70万円ものお金が必要と聞くと、妊娠から出産への不安が大きくなってしまうかも知れませんね。

ですが少子化が社会問題となっている現在では、妊娠費用の大半は『公的援助でまかなうことが可能』なのです。

妊娠中が確定した後は、暮らしている市町村の役所に対して妊娠届出書を提出することで助成券をもらうことができます。

この助成券を利用すれば、妊婦検診にかかる費用を減らすことが可能です。

自治体によって上限が違うのですが、5万円から10万程度費用を抑えることができます。

分娩費などに関しては、医院に対しての直接支払いも可能な『出産一時金』として、子供1人に対し上限42万円の支給が受けられます。

これらの助成によって、50万円程度は妊娠費を減らすことができるんです。

実は病院以外の費用が結構ある!

妊婦検診と分娩費に関しては、助成を利用することで自己負担を合わせて10万円程度にまで抑えられる可能性があります。

ですが、それらの病院に支払うお金以外にも妊娠中や出産時には様々なお金が必要になります。

マタニティウェアなど妊娠用の身の回り品を購入するはずですし、妊婦検診の行き帰りには交通費が必要になるかも知れません。

他にも有料のマタニティスクールを受講する際や、里帰り出産を計画している場合などでも更にお金がかかってくるはずです。

さらに出産後に必要となるベビー用品なども妊娠費用に含めるのであれば、予想を大きく超える出費になってしまう可能性があります。

妊娠・出産に向けては余裕を持ったお金の用意や、計画的に使っていくことが大切になりますね。

特に初めての出産には費用が!

2人目、3人目ともなると、出産に向けて自分にとって本当に必要な物がわかったり、1人目の妊娠中に購入した物が利用できたりします。

ですから妊娠費用も抑えることが可能となるのですが、1人目はそうはいきません。

便利グッズ的な物を色々と購入してしまうのも理解できますし、もしもを考え過ぎて余分に買い揃えてしまうこともあるはずです。

ただ無理な節約は妊婦さんのストレスにもなりますから、費用を抑えようと頑張り過ぎない様にすることも大切です。

妊娠中に必要になってくるもの

妊娠中には妊婦用下着(マタニティブラやショーツ)やマタニティウェア、妊娠帯などが必要になります。

他にも葉酸などのサプリメントを活用して栄養補給を行ったり、保湿用クリームなどを使ってボディケアを行う妊婦さんも少なくはありません。

さらに細かな物としては、母子手帳ケースなども用意したくなりますね。

下着を含めた衣服は、お腹が大きくなるごとに買い換えることになりますし、絶えず細かな出費は覚悟すべきかも知れません。

ですがマタニティウェアに拘らず、ゆったりした服をリサイクルショップで購入するなどすれば節約は可能です。

旦那さんが一緒になって考え楽しみながら節約をすることで、気持ちとお金の負担を減らすことができるはずですよ。

中絶にも費用がかかる!

様々な事情により『中絶』という選択肢を選んだ場合、生命保険の対象となる可能性はあるものの手術に健康保険は適用されず、実費での支払いを行わなくてはなりません。

妊娠初期である12周未満であれば、診察・術前検査、手術費用を含めて10万円から15万円ほどですが、妊娠後の週や状況によっては加算料金が必要になることもあります。

妊娠12週以降の中期になると、中絶手術が行える医院も限られてきます。

初期と違って入院も必要となり、費用も30万円から50万円ほどと負担は更に大きくなります。

死産届の提出や火葬を行う必要もあり、容易に行えることではありません。

ただ、中期中絶の場合は出産一時金の申請が可能です。また妊娠22週以降は法律上で罪(堕胎罪)になるため中絶手術は行なえません。

妊娠費用で悩んでいるなら大手ローンを!

 
妊娠費用をわずか1時間で!

大手ローンなら妊娠にまつわる様々な費用をわずか1時間で用立てる事も可能です。土曜日や日曜日に急遽病院に行く必要が生じた時でも週末の契約も可能です。

 
ネットからなら来店も必要なし!

妊娠後期に入ると家から出るのも一苦労ですが、大手ならスマホで契約ができますし、最短10秒で口座に振込してくれる手数料無料のサービスもありますのでお店に行く必要は一切ありません。

 
誰にもばれずに借りれる!

スマホで全ての手続きを行えるので、基本的に誰かに会ったりどこかに行く必要はありません。ですから誰にも知られずにコッソリ借りる事が可能です。中絶や婦人科系の検診など他人に知られたくない費用の時にはおすすめの利用法です。

レディースプロミス

最短1時間融資!
ネット契約も可能!
担保や保証人不要!
郵送物なしでも
土日や祝日でも!
実質年率 借入限度額 審査時間 即日融資
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分審査
最短1時間融資
保証人 担保 アルバイト パート
不要
不要
ご利用可能
ご利用可能
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が できない場合があります。30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスを上位にした理由は、審査の速さ、金利の低さ、限度額の高さ等、当サイトで総合的に判断したのが理由となっております。)


アコム
3秒診断が可能!
即日融資も可能!
最大で800万円が!
WEB完結契約も!
金利0円の期間も!
実質年率 借入限度額 審査時間 即日融資
3.0%~
18.0%
1万円~
800万円
最短
30分審査
最短
1時間
保証人 担保 アルバイト パート
不要
不要
ご利用
可能
ご利用
可能
申込対象 来店不要 ばれない 総合評価
20歳
~69歳
可能
☆☆☆☆☆
(※ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です。専業主婦は不可となっております。)


最短即日融資
30日間無利息
20歳~70歳以下
保証人・担保不要
ネットで手続きが
スピード WEB申込 保証人 即日融資
最短即日
可能
不要
可能
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。)


SMBCモビット
モビット 即日融資が可能!
3.0%~18.0%!
借入診断も便利!
1万~800万円が!
担保や保証人不要!
実質年率 借入限度額 審査時間 融資時間
3.0%~
18.0%
1万円~
800万円
最短
30分審査
最短
即日融資
来店不要 保証人 担保 ばれない借入
可能
不要
不要
ご利用
可能
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。)
 

  • 通帳とお金
  • 妊娠費用や中絶費用が払えない時は!

「妊娠費用や中絶費用が払えない時にどこのローン会社を利用したら良いのかな?」なんて思われる女性の方もかなりいらっしゃると思います。

当然妊娠時や中絶時の費用は低所得者にとってかなりの資金のダメージに繋がるので、低金利で貸し付けてくれるような安全に返済もできる有名な会社を利用したほうが後々の事を考えても安心ができますよね。

ですので、今回はその妊娠費用や出産時の費用を素早く貸し付けてくれるキャッシング、銀行系カードローンなどの話を分かりやすく説明させて頂きますが、消費者金融で最大手もかなり利子が低めに設定されているので、そちらも含めて今後の費用の補充などの参考にして頂けたらと思います。

払えない困った時WEBで!

 妊娠費用や中絶費用が払えないかなり困った時にはやっぱり低金利で貸付てくれる老舗の会社が人気ですよね。今は老舗では特に来店なし、担保なし、保証人なしと初めて貸してもらいたい女性にかなりオススメができるところもあります。

あと、身内に秘密にしながら借りたい方もWEB対応の会社がおすすめできますよね!

中絶費用は女性向きのカードローンで

スマホでウェブ申し込みをする中絶費用、出産時の費用に女性向きのカードローンを利用する女性、主婦の方も沢山いらっしゃいますよね。カードローンを使うことは出産時、結婚式の費用等色々な場所で利用ができ、安全な場所も多いので、かなり役に立つものです。

クレジットカードとの違いで言えば、現金を用意する必要がどうしてもあるという場合にはカードローンの方がとても有効であることが分かるでしょう。

銀行系カードローンの中でも大手では比較的すぐに借りることが出来るので、色々なトラブルに遭遇し急に必要になった時など、すぐに現金を用意したい場合にはとても助かることでしょう。キャッシングとも近い融資方法ではありますが、一定金額以上が必要な場合はカードローンを使った方が良いこともあります。

やはりローンと言うだけあって、分割払いで問題無く返済していくことが出来ます。金利分も長くなればなるほど増えるので怖いと思われるかもしれませんが、それでも時と場合によって自分の払える範囲内で使えばかなり買い物の幅も広がります。

また銀行のカードローンだけではなく消費者金融でも金利のかなり低い企業もあるので妊娠や中絶費用をどうしても集める必要があるときには選択肢に入れておくと良いと思います。いずれにしても使い方によってとても便利になる支払い方法なのだと言えます。

妊娠費用のローンは女性に人気のアコムで!

上を見ている女性妊娠費用のローンで女性にかなり人気が高いのはアコムですよね。アコムは勤務形態にとらわれず、契約社員、パート、アルバイトをしている場合でも、安定した収入があれば利用可能です。

又、ネットでのお申し込みの場合は、来店不要ですし先ほどから記載している妊娠費用、堕胎費用、結婚式にかかる費用や離婚費用など、女性ならではの悩みにしっかりと対応していますし、今だけちょっと贅沢したいな!など旅行にかかる費用なども借り入れができます。

また何かあった場合も女性専用ダイヤルがあり、スタッフも全員女性なので、安心して相談できます。

低金利の最大手のローン会社も!

計算機を持っている出産時や中絶時に低金利のローン会社を利用される女性もかなりいますよね。

消費者金融は銀行と比べて高金利傾向にあるとお考えの方もいらっしゃいますが、最大手の場合は現在はかなり銀行ローンなどと違いがなくなっているので、ローン会社で低金利の場所を狙って契約するのは急いでいる女性の方にベストな判断の一つと言えそうです。

申し込みから審査までの時間も柔軟でスピード対応が速いという利点がありますし、金利面に関しても無利息キャッシングサービスを展開する業者もありますから、それを使えば非常にお得に使う事が出来ます。

来店不要でスマホやパソコンから申し込みも出来る仕組みが充実していますし、無利息キャッシングに関しても通常のカードローンの審査にクリアすれば使う事が出来ますから、出産時や中絶時には無利息を利用出来るサービスを展開する業者に申込みを行うと良いでしょう。

書類準備をしっかり行っておき、収入の流れをちゃんと立証できるものがあればスムーズに審査を進めていく事が出来ますし、遠隔地からでも審査や契約、借入から返済とすべてが円滑に出来るようになっていますから、ローン会社のサービス利用は非常におすすめと言えます。

もちろん無利息が適用される期間設定も業者ごとにありますから、期間や金額の上限設定を確認した上で返済を想定して使う事が望ましいといえます。

妊娠費用や堕胎費用を借りる際の金利は?

金利の計算中緊急時におすすめができるのは即日融資も可能のローン会社ですが、当然妊娠費用や中絶費用は高額だったりもしますので、今後の返済を考えた場合、金利が低いローン等を利用してお金を融資してもらいたいですよね。

特に多少の金額、例えば5万円前後を低金利で貸してもらうなら銀行系のローンや口コミで評価の高い最大手消費者金融が何度もいうようにおすすめです。

銀行ローンも知名度の高い安定性がある消費者金融も、お昼までに申込を済ませれば、その日のうちに回答が返ってくる所も沢山ありますので、女性の方で出産、堕胎時にも利用ができます。また、収入証明書の提出が不要のところも多くなってきました。

5万円がどうしても必要で、親にも友達にも借りにくい場合は、低金利の借り入れという方法もある事を覚えておくといいですね。

しかし、5万円借りた場合の金利がどれくらいなのか?借りた事が無い人には全く見当がつかないとおもいます。

初めて借りる方の為に、最終的にいくらくらいを支払う事になるのかを計算してみましょう。

たとえば、5万円を3年間借りるとします。返済期限は3年後という設定にします。1年間の年間利子率は4.600%、月々の返済額が1,489円で年間17,868円の返済になります。それが3年なので返済の総金額は53,607円になります。したがって3年間の支払利息は3,607円となります。

この計算から見てみると、1年間に支払う利息はおよそ1,202円でしかありません。

計算してみると思ったより高くない金利だと思いませんか?

妊娠費用や中絶費用が払えない状態で急いで貸してもらう前に一度返済額をシュミレーションしてみて、無理のない返済を心がけて賢く緊急の時もそれら女性向きの会社を使って下さいね。

低金利の場所をしっかりと選ばなければ、当たり前の話ですがすべてを完済するまでの期間が長くなったりもしますので、その間に親に見つかってしまうなんてことも考えられますよね。

ですから親バレせずに5~10万円借りる際には低金利で貸してくれる貸金業を選択しましょう。

女性の妊娠や中絶を費用面でサポート!

 最短当日から妊娠や中絶で費用が必要な女性をサポートしてくれるのが大手の消費者金融です。早ければ当日振込など今日中の対応もできる速さがウリの一つです。またレディース専用などもありますので安全で安心できる環境が整備されています。急ぎの支払いに対応しており急いで処置が必要な時には役立つでしょう。



 

同ジャンル・関連ページ