ノンバンク資金調達

プロミス

ノンバンクで資金調達をしたい場合
金融機関の借入は?

ノンバンクで資金調達をするなら!

ノンバンク系金融機関を使っての資金調達が経営者の間では一つのトレンドとなっています。これまでのビジネス界での一般的な定説でいえば「事業資金は銀行を使う」というのが鉄則でした。ですから中小企業をはじめ法人、個人事業主に至るまで、銀行との関係性をもっとも大事にしていました。

しかしこの10年ほど景気の移り変わりや社会状況の変化に伴って資金調達の方法にも変化がでてきました。銀行側の貸し渋りなども問題になりましたし、何よりビジネスシーンの移り変わるスピードが劇的に速くなったのです。つまりここぞという場面で勝負をかけないと勝ち組企業にははいれなくなってきたのです。

決断力の速さや資金注入のスピードが明暗をわける時代なのです。そこで注目されているのがノンバンク系の金融機関です。なんといってもスピーディーで貸付までのタイムロスが少ないことが特徴です。リスクという面でも貸付金利が下がっていることから安心して利用できる金融機関へと変わってきています。

ビジネス系雑誌でも最近は取り上げられる機会が増えていますので、社会的な認知度も上がっているといえます。ノンバンクはもはや「最終手段」ではなく「最善の手段」として利用価値が変わってきています。時代の流れやトレンドを読む事は経営者にとって命ともいえる部分です。

資金調達という経営判断の難しい分野だからこそ見逃してはならないトレンドです。スピードある会社こそ勝ち組企業ですので、最新にして最速の金融機関をこの機会に抑えておいてください。それと、ノンバンク系のキャッシングサービスも注目をされてますよね。その点も今回は分かりやすく利用方法等を教えさせて頂きますね。

資金調達はノンバンク系のキャッシングで!

資金調達の際にノンバンク系のキャッシング会社等が人気ですが、今は場所によっては連帯保証人が不必要とか担保なしで貸付など良心的なサービスがかなりある場所もありますので、その点をしっかりと比較してから利用してくださいね。

プロミス

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

>詳細はコチラ

アコム

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

>詳細はコチラ

SMBCモビット

モビット

最短即日融資
来店不要
バレずに借入
年利3.0%~18.0%
1万円~800万円まで

>詳細はコチラ

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が できない場合があります。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。【プロミス】※30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※SMBCモビットは原則24時間最短3分でお振込可能です。フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

コンテンツ一覧

ノンバンクとはそもそもなに?

資金調達を行う場所を探している時に「ノンバンク」という言葉を見かけたことはないでしょうか?

初めて目にした方は「何それ?」と思うかも知れませんが、凄くシンプルに言えば「銀行ではない」という意味になります。

銀行や信用金庫などは含まれず、消費者金融や信販会社をノンバンク系などという風に呼びます。

ちなみに銀行や信用金庫は銀行法に従い運営されていますが、消費者金融や信販会社などのノンバンクの金融機関には賃金業法が適用されています。

この2つはそれぞれにメリット・デメリットが存在しており、みなさんの置かれている状況に合わせて借入先を選ぶ必要があるのです。

どうしてノンバンクが資金調達に向いているのか?

「資金調達を行う場所」としてまず銀行が思いつく方が多いはずですが、融資までのスピードと便利さを重視するのなら、ノンバンクのビジネスローンは銀行以上に頼りになる場所です。

どうしても銀行からの融資は時間がかかる傾向があります。場合によりますが、数週間以上かかってしまうことも少なくはありません。

ですが例えば某大手ノンバンク系企業融資ならば、多くの企業は申込み後数日以内に融資が受けられているのです。

ネットから申込めて来店すること無く契約できるなど、契約や借入手続きの便利さも、忙しい経営者様にとって大きなメリットとなるはずです。

一般の人もノンバンクを使えるの?

ノンバンクは企業のための金融機関というわけではありません。実は皆さんが日頃良く耳にしたり目にしたりする企業も実はノンバンクの金融機関なんです。

一つ例をあげるとすれば、プロミスやアコムという名前について聞いたことはあるでしょう。

テレビのCMや街の看板などできっと誰もが一度は目にした事があるはずです。実はどちらもノンバンク系のサービスです。

最近ではノンバンクの利用登録者数は日本全体で3000万人を超えていると言われるほど多くの人が利用しているのです。

もちろんこの数字には一人で二つ以上の会社と契約している人も含まれていますが、多くの人の生活に密着したサービスだという事がわかるはずです。

調べて正しい知識を身に着ければ決して怖いものではないことがわかるはずです。

有名なビジネス系ノンバンクと言えば?

ビジネス系のノンバンクの中で代表的な存在と言えるのが「ビジネクスト」です。

ビジネクストは大手消費者金融であるアイフルのグループ企業であり、抜群の信頼感を誇ります。

来店不要で契約が可能で、担保も保証人も不要でありながら最大1000万円までの借入も可能と大型利用ができる頼りがいも魅力です。

さらには借入や返済が提携銀行だけでなく、セブン銀行ATMでも行えるという利便性の高さも評判です。

つまり安心して利用できる場所であり、契約までの手間も少なく借入や返済も手軽に行える資金調達に最適な場所ということなのです。

一般の人も使えるノンバンクと言えば?

資金調達に便利なビジネス系だけでなく、一般向けでもノンバンクはとても役立ちます。

ちょっとお金が必要な時にとても便利な「カードローン」の多くは消費者金融の商品であり、知らず知らずの間にノンバンクのお世話になっている方も多いはずです。

その中でもプロミスやアコムは最大手であり利用者数も大変多くなっています。

どちらも初めての契約など幾つかの条件を満たすことで30日間の無利息期間が利用でき、さらには申込み当日に借入を行う即日融資にも対応可能です。

無担保無保証・来店不要などなど、使いやすさも抜群で初めての借入先としてもおすすめです。

ノンバンク系サービスを最大限上手に使う方法は?

ノンバンク系の最大の特徴はスピードです。実は銀行系のカードローンは即日融資が現時点においては不可能となっており、急いでる時には消費者金融などに頼るのがベストな選択肢なのです。

しかも無利息期間が適用可能な場所を選べば、急いでいる時に素早く借入を行い利息は0円で完済することも不可能ではありません。

また大手の多くは申込みがインターネットから行えるだけでなく、書類提出も契約手続きもWEB上で行える様になっています。

契約後は振込融資を利用することで、最短1時間程度で借入が行える可能性もあるんです。このスピードは活かさなければ、ちょっと勿体無いですね。

PCやスマホで借入れをする際は!

スマホを利用したり、PC等を利用されたりして当日のカード発行や借入れをされる方もかなりいますよね。確かにスマホやパソコン等を利用されるウェブの審査では来店不要で近所のATMを利用した後現金を手に入れたりもできる場所も多いですし、人に会わずに融資も可能の所も多いですのでレディースの方や未成年者の方にもご利用が気楽にできると思われます。

ノンバンク系キャッシングのウェブ審査の申し込みは24時間受け付けしている所もありますので、一度サイト内の診断系の画面もある所も多々存在していますので、そのような所で自分が借入れが可能かどうかをしっかりとチェックされるのもベストな選択だと思います。また今現在外出先でもスマホでできますので更に便利になってきています。

急に出先でお金が困ったときに自動契約機が見つからないという場合がありませんか?そういうときはスマホを利用すれば気軽に手間をかけずにカードローン会社を利用することができます。

事実上、インターネットがつながる環境と接続するための機械(スマホやタブレット・パソコンなど)があれば、日本のどこにいても申し込みに困ることはないわけです。

手続きの時に必要になる本人確認書類や収入証明書はスマホのカメラで撮影して提出することができるので、やはり困ることはありません。カードの当日の発行等の審査に通過すれば、すぐに借り入れが可能になります。受け取りの口座にネットバンキングを指定すれば、銀行の営業時間を過ぎていても資金調達ができます。

スマホで借りる際には!

ノンバンク系のキャッシング等で資金調達をお考えなら手続きの際のメルアドのチェック、記入忘れ等が絶対にないようにしてくださいね。急いで貸付けをしてもらう方でそのようなチョンボで当日でできなかった等の話も聞きますので緊急事態は絶対間違えないようにしてください。

企業向け融資にも良質なサービス

月給日の直前はいつも苦しい節約生活・・・そんな状況こそキャッシング会社が助けてくれます。しかしキャッシングは何も個人のためのものだけではないのです。企業融資も積極的に行う会社も多くありますので、御社にあったサービスを選択することができます。

社業を運営していく手段としてやはりお金がなくてはならないものですが、金融会社からお金を借りたくないと感じる世代も多いようです。では、どんなお金の問題解決法が見つかるでしょうか。消費者金融系企業での借り入れにはやはり抵抗を感じてしまう方はいると思います。

しかしカード信販企業だとしたならそんなに問題無い方ばかりではないかと思われます。更に、近年になってよく聞く銀行系統が扱っている消費者金融会社等も増加の傾向にあります。ですので、一度はスマートフォン等を見てみるとよいと思います。企業向け融資にも選択肢の幅が広がっており、驚くような良質のサービスを提供しているのです。

お金を返す日を毎月の何日に指定するかということも大事な要素だということです。自動の引落し契約となっていない場合、キャッシング会社宛へ振込みする手続きが必要です。返し忘れることがない様に、決して失念しない覚えやすい日付けを決めることが大切です。

利息の支払いが低めということは、同額の費用を資金調達して同一のローン内容で返すのであれば、必ずトクをするということです。大切な社業のためのお金ですから利息の高低や具体的なサービスについてはしっかりと事前に調べておくべきです。

各金融会社の借入の金利情報をぼんやりと探すような事では不十分です。ローン返済額を左右するものなのだという意識で照らし合せておきましょう。毎日の暮らしでは予期し得ない状況が起きてしまった際、どうしても困惑してしまいます。

こんな金銭問題を早めに解決するためにも、やはり円滑なローン取引ができるキャッシングは重宝する施策と言えるのです。お得で賢い選択方法が問題決着させる為の重要なヒントになっていきます。

無利息期間が長い場所で!

無利息期間が長いノンバンク系のキャッシング等を比較すると、今現在インターネットで完結ができるキャッシング会社等がやはり注目をされていますよね。消費者金融の店舗に返済に行くには、当然な話ですが、人目が気になるという方は多いでしょう。かといって、パソコンやケータイをもっていなければ、インターネットで申し込むこともできません。

どうしたら良いでしょうか。コンビニATMで返済という手もありますが、手数料がもったいないし…。そんな方におすすめなのが、銀行系の消費者金融を利用することです。大手の消費者金融であれば、沢山のキャッシングサイトを比較された方はお分かりだと思いますが、だいたい有名銀行のグループに入っていますので、銀行のATMで返済することができます。

これなら日常、銀行に行くのと同じ感覚なので、人目を気にする必要もなくなります。しかも、グループ銀行のATMなら手数料も無料なので助かります。はじめだけ消費者金融の店頭や、無人契約機でカードを作る必要がありますが、あとは決められた返済金額を毎月銀行ATMで返すだけ。

銀行なら返済金をおろすのも同時にできますので、一石二鳥です。大手銀行なら無利息期間もかなり長い場所もありますし、駅前に店舗があるので、買い物ついでに返済できるメリットがあります。

無利息期間が終わった後は?

無利息期間も当然期間ですのでそのサービスが終わったりしますが、その後利子が安い場所だったら返済時にとっても有り難いですよね。ですので無利息期間がどれくらいかとか返済利子がどれくらいの金額になるか等はチェックしてください。知名度が高いノンバンク系などはその点でも結構安心できますよ。

口コミ体験談でも大手のノンバンクは人気!

ノンバンクを利用された体験談を調べてみるとそのサービスの特徴がよくわかります。例えば、体験談の中でよく聞くのが、とにかくスピーディーなので困った時にすぐに役立つので助かるという声です。こうした金融機関の特徴の一つは貸付までのスピードの速さということがわかりますね。

実際調べてみると、早ければ申し込んだその日のうちに資金の貸付が可能という口コミが多くみられます。ですから急場をしのぐのに一番適している金融機関といえますね。また体験談でもう一つ多くみられるのが、利用がとにかく便利だという声です。

例えば申し込み書類が少なくネットでいつでもOKとか、困ったなら近くのコンビニATMで追加の貸し入れができるなどは、やっぱり忙しい方にはうれしいポイントですよね。ノンバンクだからといって、利用をしない手はないというのが今の全体的な声だということです。

そして面白いのは口コミでみると、サラリーマンや主婦やアルバイトの方だけでなく、経営者や教師、公務員など、とにかく幅広い層がノンバンク系の貸金業者を使ってよかったと感じている点です。こうしたアンケートを見るとサービスの本質がわかります。

時代が変わってきてノンバンク系の貸金業者が今トレンドの一つだということです。時代に合わせたサービスを選ぶ人が一番賢く時代を乗り切る人で得をする人です。今一番お得なサービスを見逃さないようにしてください。

派遣社員でもお金を借りる

主婦の派遣社員でもお金を借りる事のできるノンバンク系ローンも増えていますよね。最近は実質年利もかなり下がっているので、派遣社員の方も結構安心して融資を受けているそうです。

お金を借りることは抵抗がある方もいるかもしれませんが、お金を借りることにも考え方によっては大きなメリットとなるのも事実です。資金調達すると当然、お金を返済する期限が設定されるため、いい意味で自分を追い込むことが可能です。

お金を稼ぐことの重要性・大変さと時間の有限性を実感できます。起業している人の多くは、お金を借りる事をしています。借金できるのは、彼らに対する信頼が厚い証拠です。そういった人を見ていると、才能の有無って、残酷・冷酷なことだなぁと痛感させられます。

しかし、人間の世界では、それが厳し過ぎる現実です。ならば、彼らみたいな優れた人間になろうではありませんか?現代の日本において、借金に対するイメージは、いいと言えないのが実状です。まずは、お金を借りる事への良くないイメージを一新しましょう!派遣社員で生活を過ごしていた主婦の方でもお金を借りる行動に移し事業設立させ成功をした方々も大勢います。

必要提出書類を揃えて審査を!

ノンバンク系のキャッシングも便利さがかなり高まり、法律の改正のお陰にも比例し、当日融資の審査をされた後に気楽に使用されるユーザーがかなり増えてきました。特にキャッシングとか、カードローンという名称で、専用のカードを使って気軽にATMから現金を引き出すことができるシステムが今人気です。

今まで利用した事のない人でも、初めての借入の申込に気楽にトライすることができます。申込みが非常に迅速で、今は大半の大手消費者金融ではネット上で殆どの手続きが出来てしまうのです。必要な提出書類も極力簡略化されていて、最低限の本人確認書類(運転免許証など)をスキャンしてデータを送信して終了です。

それで、当日融資という、申し込んだその日にもうカードが発行されて、お金を引き出すことができる、困ったときに役立つシステムもあります。女性の方で初めてカードローンで審査や申し込みをご検討されている場合、どのキャッシングカードにしようかと迷われることもあるでしょう。

まずは口コミサイトのご意見などチェックしてみるのも良いですし、自分でノンバンク系の会社のホームページを見て、初めてのカードローン等の利用手引きなどチェックしてみるのも良いです。

また、初めて資金調達する場合、審査の手続き方法、身分証明書の提出方法など具体的に記載があった方が良いですし、ホームページ上で理解出来ない時、相談できるサポートセンターの対応がしっかりと対処されているかも確認すべきです。

必要書類が少ない業者で!

ノンバンク、キャッシング会社で貸し入れをできるように急いでする場合は必要になる提出書類が最小限で済む場所が当然オススメだと思いますよ。今は身分証明だけで済む最短30分での査定などで済む業者等も結構増えてますので、非常事態にとっても便利です。

最大手のノンバンク系カードローンで!

私は都内で小さなネイルサロンを営んでいます。先日最大手消費者金融の事業者向けカードローンを利用して生活費として5万円借りることに成功しました。自営業って大変で仕事が来ない時は全くお金が入りません。その為暮らしていけないくらいお金が無くってしまい、泣く泣く申し込みをしました。

ネットの体験談や紹介文などを読んでいると個人事業主の方はノンバンク系の金融機関が良い、と書かれていました。ノンバンク系というとやはり手っ取り早いのが消費者金融です。特に大手の場合は体験談の評価も高くかなり信用できたので選びました。

申し込みはネットからです。審査が通るか心配でしたが申し込んで1時間経ったか経たないかで連絡が来て、審査に可決したことが判明しました。ホームページには最短当日と書かれていたのでもしかしたら今日は無理かも、とおもっていたらすぐに連絡が来て安心しました。必要書類は免許証と確定申告書類の写しをファックスして書類提出完了でした。

それから振込の手続きをして申し込みからわずか3~4時間足らずでいつも利用しているネットバンクの口座に5万円振込融資完了、という流れでした。後はコンビニのATMでお金をおろしてその月の生活費として利用しました。個人事業主でも利用できるノンバンク系カードローンはやはり大手消費者金融がおすすめだと感じましたね。

あの時ネットに書かれていた体験談を信じて救われました。あと今は金利がかなり下がっていて利用がしやすくなったみたいです。総量規制法が実施された2010年の6月までは最大29.6%という非常に高い金利でしたが、その後大幅に引き下げられ現在どんなに高くても20%までと決められました。

大手消費者金融は大抵18%に利率を止めています。昔に比べ約10%以上も引き下げられたことにより以前のように借金返済で苦しむ方も少なくなりました。これは総量規制法により利用金額の上限を年収の3分の1以下に抑えられたことも大きな要因といえます。更に一部の大手消費者金融では一定期間(約30日間)無利息サービスを実施しています。

勿論初回申込者限定という条件は課せられますが無利息で利用できればこんなにお得なことはありません。またノンバンク系の審査は非常にスピーディで早ければ1時間程度で契約を行うことが出来ます。ネットからの申し込みにより来店不要で行えることも魅力の一つです。

提携ATMの数も多いのでノンバンク系は金利がちょっと…と思っている方は大間違いです!賢く利用すればこんなにお得なサービスはありませんよ。

プロミスは印鑑や印鑑証明が不必要!

申し込みをするときはサインだけでも契約はできるので、印鑑や印鑑証明などを必要とすることはありません。

印鑑証明書が必要なのは住宅ローンや自動車ローンなどの大きな金額を借りるときで、カードローンの場合に提出するのは身分証明証だけです。

運転免許証や住基カードがあれば実印を押す必要なく契約できます。

50万円までの借入れだったら給料明細や源泉徴収などの収入を証明する書類は原則不要となります。

女子大生などの学生やアルバイトやパートでも!

プロミスで申し込むときに20歳未満の場合は親の承諾が必要となりますが、収入があって20歳以上であれば学生でも借りられます。アルバイトやパートなど毎月きちんとした収入があれば、女子大生でも親や友人、大学関係者にバレずに契約できます。

専門学校生でも申し込むときに20歳を超えてれば審査は通ります。学生が申し込むときは「フリーローン」が多いですが「おまとめローン」や「目的ローン」など各種利用できます。

確定申告書、課税証明書、給与明細書等について

プロミスは最高で500万円まで申し込みができるので、総量規制で3分の1を超えなければ借りることができます。

50万円を超える場合には収入証明書が必要となります。提出する書類は最新の源泉徴収票、前年度の確定申告書、課税証明書、給与明細書などいずれか1点です。

給与明細書は今月または先月の直近2ヶ月分と、ボーナスが出ている場合は1年間の賞与明細書を提出することになります。

限度額アップするときに50万円を超える場合は、再度収入証明書の提出を求められます。

株式会社の資金調達は
ファクタリングやビジネスローンで!

株式会社の資金調達はビジネスローンやファクタリングで!

株式会社が資金調達をする際、当日対応のファクタリング業者やスピーディに対応してくれるビジネスローンなどが便利ですよね。もちろん、今現在はWEBを利用する事により、素早い対応が可能なそれらの業者もかなり増えてきました。

株式会社対応のビジネスローンで言えば、ビジネクストやビジネスパートナー、当日中に審査を可能にしたい株式会社向けのファクタリング業者で言えば、えんナビ、資金調達プロやファクタリング東京、株式会社JTCなどが挙げられます。

しかし、当然株式会社を運営されている方で初めて大口の資金調達を行う際、どこのビジネスローン、ファクタリングが一番スピード感がある調達速度かなど知らない点もあると思います。

ですので、今回は株式会社が非常事態で当日対応してくれるファクタリング、ビジネスローンなどを探す場合、何処に注意を置くべきか、何処が早い審査をしてくれるのかなど、分からない点を詳しく掲載していきたいと思います。
 

ビジネクスト

4ステップで!
アイフル系列!
満20歳~満69歳
1万~1000万円
来店なしで契約可能

>詳細はコチラ

クラウドバンクグループ

クラウドバンク・フィナンシャルサービス

記入時間約3分
ネット申込可能
最大10億円
年率6.00%~15.00%
個人事業主でも

>詳細はコチラ

ユニーファイナンス

最短翌日融資
12.00~17.95%
24時間対応
ネット対応
担保不要※1

>詳細はコチラ

(※スーパービジネスローンは土地・建物・有価証券等の担保が必要になります。)

ファクタリングのTRY

最速当日買取!
赤字決算でも
全国対応!
24時間365日!
秘密厳守!

>詳細はコチラ

株式会社オッティ

最短3時間!
ネット契約対応
2社間の取引が!
最大5千万調達!
最低水準の手数料!

>詳細はコチラ

えんナビ

最大5000万!
24時間対応!
債務超過の時でも!
最短1日で資金が!
国も認めてて安心!

>詳細はコチラ

低金利で利用限度額が高いビジネクストから!

事業者カードローンのなかでも老舗中の老舗であるビジネクストの金利ですが、利用限度額100万円以上の場合であれば8.0%~15.0%、利用限度額100万円未満の場合であれば13.0%~18.0%となっています。

融資の限度額については、50~1,000万円であるために他社よりも優越しているといえるでしょう。

100万円以上を借入する場合であれば、低金利に融資を実現できるわけです。しかも、担保や保証人を要しないままこのような融資限度額なのですよ。

ファクタリングは売掛金の現金化で資金調達ができる!

急な受注のために手元資金が不足という事態は、事業をしているとよく発生します。

こういった場合にファクタリング会社が売掛金を買い取ることで売上げを先に資金化することができてキャッシュフローを改善させることができます。

資金の流れがスムーズになれば事業の拡大はスムーズに進んでいくことになります。

ファクタリングは本来であれば時間のかかる自己資本比率の向上をお手伝いをしてくれるのです。

ビジネスローンや銀行融資と違う点は!?

ビジネスローンや銀行からの融資と違う点は、借入金ではないということです。

売掛金に対する請求金額の先払いなので売上げがあれば資金調達が可能になるのです。

ファクタリング会社の独自の審査方法が採用されているのでビジネスローンよりもスピーディーに審査が進んでいきます。

また審査のポイントは取引先の信用度にあるのでビジネスローンと違って赤字でも資金調達は可能ですし、銀行の融資が断られていても利用できるのです。

ファクタリングとビジネスローンの違い

事業を進めていく際に必要な資金調達を行う際に銀行融資やビジネスローンとは違って、ファクタリングは売掛金の売買を行うことによってスピーディーな融資を行うことができるようになっています。

銀行融資やビジネスローンなどの場合は通常審査期間としては、1ヶ月が目安になってきますがファクタリングの場合であれば当日で現金化することもできるようになっています。

ファクタリングは融資とは異なっているのでキャッシュフローを改善するメリットも備えています。

違いをしっかり見極める!

ファクタリングとビジネスローンの違いをしっかりと見極めれば適した資金調達方法が見えてきます。株式会社として経営を行っておられるならどちらも基本的には利用可能です。ファクタリングは売掛金を持っていることが一つの条件ですが、融資に比べるとスピーディーで経営状態に左右されにくいというメリットがあります。

赤字決算や税金滞納時でも売掛金があれば!

通常資金調達を行う際には、できるだけ早く現金化しておきたいものですが、ファクタリングであれば、例え赤字決算や税金滞納時でも売掛金さえ上がっていれば当日現金融資といったことも可能になってくるのです。

売掛金を売却するので借入金とは違って返済の必要性がないところや銀行に利用していることがわからないということも嬉しい側面となっています。

銀行融資を断られた際にも可能性としてファクタリングを抑えておくことも安心になります。

スムーズに契約を進めていくためには!

ファクタリング契約の際には、商業登記簿謄本、決算書・確定申告書、取引や入金が確認出来る書類、通帳、取引先との契約書、発注所・納品書・請求書、印鑑証明を準備しておくとスムーズに契約を進めていくことができます。

この他にも必要な書類がある場合はファクタリング会社から指示されるので適宜準備していくことになります。審査の際には、融資ではないので連帯保証人は基本的には必要とされません。

担保なしでいける!

ファクタリングのメリットの一つが基本的に担保や保証人が必要ないという事です。なぜなら債権の売買ですのでそうした保証が不要だからです。抵当権の設定が難しい株式会社の方などには特におすすめです。そうした保証が不要ですので準備すべき書類も少なくて済むという特徴もあります。ですから当日中に取引を行う事もできるんです。

4つのステップでファクタリングが!

ファクタリングで資金調達を行う際には4つのステップがあります。

まず、一番は、初めに買い取ってもらう為の取引先への売掛金の発行が必要です。

つぎにファクタリング会社に請求金額を先払いしてもらいます。この時点でスムーズな資金調達が可能です。

ステップの3つめとして取引先からの売掛金の入金となります。

最後のステップとして入金された売掛金をファクタリング会社に支払いをして総ての取引が終了する流れとなっています。

えんナビは最短のファクタリング

えんナビのファクタリングは情報機関などに審査を照会することがないので、過去に金融事故や赤字決算があった場合や税金の滞納をしていても借りられます。

ビジネスローンとは根本的に審査方法が異なり売掛金を担保にするだけなので、最短で翌日には銀行口座の方へ入金をしてもらえます。

売掛金があるのに手元に現金がないと、給料の支払いや仕入先からの買い入れができなくなってしまいます。そんなときファクタリングを利用すれば、売掛金を現金をすることができます。

キャッシュフローが正常化にできない会社は!

えんナビの手数料は業界最低水準なので売掛金が多くても会社に大きな負担がかかることはありません。支払いがあるのに期日まで返済できないと会社にとってもダメージを負ってしまうことになります。

キャッシュフローを改善することで企業の価値も上がるので信頼されやすくなります。一時的に現金が不足しているためにキャッシュフローが正常化にできないのは会社としてもったいないことです。

売掛金をなんとか現金にできないものかとお考えならファクタリングに相談すれば解決します。

経営にうれしいメリット!

ファクタリングを利用することで対外的な経営状況が好転するというメリットがあります。売買取引ですので負債が増えるわけではなくキャッシュが増えるためバランスシートの改善が図れます。それによって新たな融資の機会が開かれる可能性もでてきますよね!ですから決算前などに利用することで株式会社としての価値を高めることもできます。

直接取引先へ関わることがない!

えんナビでは最初に売掛金の発行を取引先企業の方から出してもらいます。次にファクタリングの方で申し込みをして請求金額の前払いをしてもらいます。

申し込みから早くて翌日には銀行口座の方へ入金されます。申込者本人の方へ取引先から入金があったら、手数料を沿えてファクタリング会社の方へ送金します。

ファクタリング会社が直接取引先へ関わることがないので、前払いを受けたということを知られずに資金調達が行えます。

株式会社とは?

株式を発行して調達した事業資金を元に事業を進めていく会社の事を株式会社と言います。

株式会社として事業を進めていく中で利益が上がっていけば株数が多ければ多いほど配当金を受け取る事も出来てしまいます。

また事業を進めていくうえで株主と経営者が異なり出資する人が別人でも構わないので力のある人だと自己資金がなくても事業を進める事が出来てしまいます。

合同会社とは?

合同会社は負債が出た時などに間接的に責任を負う間接有限責任社員によって構成されている会社の事を言います。大きな事業を進めていく時はあまり適していませんが、小さな事業を勧めていく時は適している会社形態です。

会社を設立する時に1人でも可能なので必ず雇用をしなくてもいいという点がメリットになります。また登録免許税が株式会社の約半額なので設立コストが安いのもメリットになります。

合名会社とは?

合名会社は資本金の制度が特に定められていないので現金による出資が義務付けられていません。

それで株式会社などより設立時の費用が安く抑える事が出来るので少ない資金で設立する事が出来るのも合名会社の特徴になります。

また合名会社は会社法に反しないようにすれば定款を自由に規定する事が出来るので内部組織を作りやすいメリットもあります。

合資会社とは?

会社の負債が発生してしまった時に責任を負う必要がある有限責任社員と直接責任を負わない無限責任社員に分類される事が多いですが、両方で構成されている会社の事を合資会社と言います。

合資会社は少人数で設立する事が可能なので初期費用を安く抑える事が出来るメリットがあります。

しかし最低2人以上の社員がいないといけないので常に最低1人は雇用しなければいけません。

どちらを選ぶか!?

ファクタリングとローンの違いやメリットやデメリットがそれぞれあることは良く理解されたにちがいありません。後は株式会社としての経営方針や資金調達の緊急度によって選択肢は変わってくるでしょう。一概にどちらにメリットが多いと言い切れませんので、まずは売掛金があるなら無料査定を受けてみるのも一つの方法です。



 

同ジャンル・関連ページ