プロミスの公式ページを読む

プロミス

即日融資可能(最短1時間融資)
ネット(スマホやPCなど)で24時間申込可!
WEB完結・カードレスでの利用もできる
郵送物なしでバレずに借入
3項目の入力で借入シミュレーション!

実質年率 審査時間 融資限度額 無利息期間
4.5%~17.8%
最短30分
1万円~500万円
30日間
WEB完結 年齢 土日祝日の即日融資 振込時間
20歳以上、69歳以下
最短10秒
プロミスの申込みはこちらから
(※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

プロミスでお金を借りる前に確認しておこう

プロミスは『Webなら最短1時間融資も可能』とホームページにも記載されている、「一番早い場所でお金を借りたい!」とお考えの方におすすめの借入先です。

しかも早いだけでなく『便利でお得で使いやすい』ため使う人に嬉しいメリットを数多く持っています。

早くてお得な場所が選べれば、急な出費にも対応できますし給料までのつなぎ資金にも活用できるので便利ですよ。

どうして早く借りることができるの?

 
① ネットで24時間OK!

プロミスへの『申込み』は、ネットを使っての手続きならば24時間365日いつでも行うことができます。

パソコンだけでなくスマホからでもOKですので、申込みはとても手軽です。

審査に対して不安を感じるという方は、3項目の入力だけで素早く簡易診断が受けられる『お借入シュミレーション』をご利用ください。

 
② スマホ1つでできるから!

契約完了までには色々と手間がかかりそうに思ってしまうかも知れませんが、プロミスならば申込みから契約の手続きはもちろん、借入・返済までもスマホ1つあれば手続き可能なのです!

パソコンを持っていない方も、来店したり郵送を使うのは面倒と感じる方も、スマホがあれば手間なく手続きが進められます。

 
③ 大手ならではの審査の手早さ!

大手だからこその『最短30分』というスピード審査のおかげで、お金を借りるまでの時間短縮を実現しています。

現在は銀行カードローンでの即日融資は実質的に不可能ですが、プロミスならば午後からの申込みでも即日融資が受けられる可能性が十分に見込めます。

審査結果が素早く出ることで、長く不安な時間を過ごさなくて済むのもメリットですね。

 
④ 書類提出もWEBからだから早い!

プロミスでは書類提出のための来店も、郵送を使う必要もありません!

提出書類をスマホやデジカメで撮影したりスキャナで読み取り、そのデータをWEB経由で送信するだけで書類の提出を完了させることができるんです。

必要となる書類も希望限度額が50万円を超えないことや他社借入合計が100万円以下などの条件を満たせば、原則『運転免許証』だけですので準備も容易です。

 
⑤ 土日や休日でも審査対応!

平日は忙しくて時間が取れないという方も、『土日祝日問わず審査対応』のプロミスなら自分の都合の良い日を選んで手続きが行なえます。

審査が行われるだけでなく土日祝日であっても申込み当日に融資を受けることも可能ですので、手続きが行いやすいだけでなく急いでお金を借りたい時にも頼りがいがあります。

利用してほしいお得なサービス

スピード重視で借入先を選んだとしてもプロミスはとっても優秀なんですが、『30日間無利息サービス』を適用されることができれば『早くてお得な借入先』となります。

サービス適用期間中に完済すれば利息を0円でお金を借りることが可能で、誰もが絶対に得できるサービスですので利用しない手はありませんよ!

無利息サービスを徹底分析!

 
① 適用条件は?

30日間無利息サービスの適用条件は3つあります。

1つ目は『プロミスをはじめて利用する方』であり、2つ目の条件は契約時に『メールアドレスを登録する』こと、3つ目は『書面の受取方法でホームページでWeb明細を確認するを選択する』ことです。

この条件を満たすことで、お得なサービスの利用対象者となります。

 
② どうやって申し込むの?

プロミスの無利息サービスは、条件を満たしていれば特別な申込みを行う必要はありません。

『契約時に必要な条件を満たす様に手続きする』ことで無利息サービスへの申込みが自動的に完了しているとも言えます。

契約完了後になってから手続きを行ってサービス対象となることはできませんので、チャンスを逃さない様に気をつけてください。

 
③ 始まりはいつ?

無利息となるのは『初回ご利用日の翌日から30日間』となっています。

同様のサービスを行っている他社もありますが、『契約日の翌日から』となっている場合があり、利用していないのに無利息期間が終わってしまうという危険があります。

ですが『初回ご利用日の翌日』となっているプロミスなら、そんなことにはならずしっかりとお得な期間を味わえます。

 
④ 気を付けることは?

無利息期間中に返済日が訪れた場合、何かの事情や返済日を忘れるなどで返済することができないとなると、『サービスの提供が停止される』という可能性があります。

こうなってしまうと利息が発生するのはもちろん、遅延金まで必要になりかねませんので確実に返済を行う様にしてくださいね。

 
⑤ 他社と比較した良さは?

実はプロミスの無利息期間には、『初回契約時以外も利用可能』という驚く様な特徴があります。

ポイントサービスへの入会や毎月の初回ログインなどで貯まるポイントを消費することで、『7日間・15日間・30日間』の無利息サービスが再度利用可能となります。これは他社には無いサービスですので大変お得です。

>無利息サービスを利用する方はこちら

振込サービスでお金を借りるメリットは?

 
① 振込サービスとは?

プロミスの振込サービスは24時間365日いつでも手続きが行なえ、口座への振込によってお金を借りることができる大変便利なサービスです。

利用するための準備は会員サービスにログインし、振込口座を登録するだけですので手軽です。

その後「瞬フリ」を選び振込金額を入力すれば、融資の申込み手続きも完了です。

 
② 対象となるのはどんな口座?

対象となる口座の第一条件は『お客様本人の名義であること』です。

この条件を満たしていれば地方銀行を含めた多くの金融機関口座が利用可能です。

実際に利用できるかの確認方法は、公式HPで『会員ページでできること→瞬フリ→金融機関一覧表』の順番に選択し『金融機関名を入力して検索』を利用すればすぐにわかります。

 
③ 一番早くて便利と評判の瞬フリ!

実はプロミスの振込サービスは『瞬フリ』と名付けられています。瞬フリの最大の特徴は何と言っても振込の実行までのスピードです。

条件を満たす金融機関の口座を持っていることが条件となりますが、WEBから融資の手続きを行った最短10秒後に口座への振込融資が完了しているのです。

この速さはお金を借りるときの大きな魅力になりますね。

 
④ 瞬フリ対応口座はココ!

瞬フリの対応口座の条件は『24時間振込可能』であることです。

この条件を満たす金融機関として公式サイトでも名前が上がっているのは三井住友・ジャパンネット・三菱UFJ・ゆうちょ・みずほの5つの銀行です。

その他の金融機関でも振込応可能な時間帯であれば瞬フリは利用可能ですので、利用前に一度ご確認ください。

 
⑤ こんなに早いのに手数料無料!

スピードが瞬フリの最大の魅力であることは確かですが、さらに『手数料無料』というお得さも兼ね揃えているのです。

振込先の銀行口座や時間帯によって変わることはなく、いつでもどこでも振込手数料無料となっていますので、無駄なお金を使ってしまうことはなく気兼ねせずに利用できますね。

他社にはない特典はある?

 
① 会員ポイント

会員サービスを利用するごとにポイントが貯まる『プロミスポイントサービス』では、貯まったポイントを消費して無利息期間やATM手数料無料などのお得なサービスが利用でます。

ポイントを貯める方法は毎月のログインや収入証明書の提出など容易なものばかりですので、コツコツと増やしていくことが可能です。

 
② カードレス

申込みから契約まで来店不要で行えて借入も返済もカードレスでできる『Web完結』も魅力的なサービスの1つです。

カード発行不要ですからカード受取の手間も必要無く、もちろん紛失の心配だってありません。

さらに契約時に口座振替での返済を選ぶことで、郵送物ゼロでの契約が行なえます。

 
③ おとくらぶ

『おとくらぶ』はプロミスの利用者を対象とした会員向け優待サービスです。

国内外の20万を超える施設が割引価格で利用できますので、支払った利息以上に得をできる可能性もあります。

『契約日から6ヶ月以内、返済中、完済後6ヶ月以内(解約した場合は対象外)』のいずれかの条件を満たしていれば利用対象者となれます。

 
④ 借入&返済シミュレーション

公式サイト上では借入と返済それぞれに対してシュミレーションが行なえます。

お借入シュミレーションでは『生年月日・年収・他社お借入金額』の3項目を入力するだけで借入可能かの診断が受けられ、ご返済シュミレーションでは借入額や金利などを入力することで毎月の返済額や返済期間がチェックできて大変便利です。

プロミスの基本情報をチェック

 
① 申し込みができるのは?

プロミスへ申込めるのは『年齢が20歳~69歳』で『本人に安定した収入がある』という2つの条件を満たしている方です。

パートやアルバイトであっても定期的な収入を得ていれば問題ありませんし、職業によって申込みが行えないということもありません。

ですから仕事をしている多くの方は申込対象者となることができます。

 
② どれくらい借りれる?

借入可能な限度額は最大で500万円と大きく、生活費(事業費としては使えません)として使うのであれば基本的に資金用途も問われません。

ですから食費として使うのも遊びのために使うのも自由です。

限度額は審査時にご本人の希望と状況に基づいて決定されますが、確実な返済を行い利用し続けていくことで増枠をすることも可能となります。

 
③ 金利について

プロミスの金利(実質年率)は4.5%~17.8%となっており、大手消費者金融の中でも低めに設定されている上限金利が魅力です。

下限金利4.5%は他社と比べて特別に低い数字ではありませんが、多くの方は上限金利に近い数字が設定されることがほとんどですので、下限金利をあまり気にする必要はありません。

 
④ 利用できるATMは?

借入や返済はプロミスのATMだけでなく、多くの提携ATMが利用可能です。

地方銀行を含めて多くの金融機関が利用できますので、お近くの銀行での借入や返済も行える可能性大です。

さらにゆうちょ銀行やローソン・セブンイレブン・ファミリーマートなどに設置されているコンビニATMからも、様々な手続きが行なえます。

 
⑤ 入会金や年会費は?

契約には入会金や年会費などは全く必要無く誰でも無料で契約することができます。

ATMの利用手数料や利息は必要になることがありますが、契約しておくだけなら一切のお金は必要になりません。

ですから、いざという時に備えて前もって契約しておくのも全然アリということです。

 
⑥ 返済はどうやってする?

返済も様々な方法から選択可能です。

返済日に自動引き落としが行われる『口フリ(口座振替)』も便利ですし、コンビニなどのATMを使って出先に素早く手続きして返済を行うこともできます。

他にも来店不要でWebから返済を行うインターネット返済も24時間手続きが行えるなどメリットが多くあります。

お金を借りるときアコムとどっちがお得?

お金を借りる借入先選びに重要な金利(実質年率)ですが、注目すべきは多くの方が設定されることになる上限金利です。

上限を比較した場合、アコムは実質年率18.0%でプロミスは実質年率17.8%です。

一見するとわずかな差に見えても、使い続ける間に大きな差となっていきます。利息を減らしたいと思うのなら選ぶべきはプロミスということですね。

SMBCモビットとの違いは?

どちらもWEB完結契約が可能ですが、プロミスにはSMBCモビットにはない『30日間無利息期間』という嬉しいサービスがあります。

しかも『初回契約・メアド登録・WEB明細の利用』という条件を満たすだけで対象となることができ、契約日の翌日ではなく初めての出金の翌日からが適用期間となるのも大きな特徴です。

プロミスの歴史をちょっとだけ

プロミスはSMBCグループの完全子会社である『SMBCコンシューマーファイナンス』のサービスブランド名です。

1962年3月に大阪で設立された関西金融からその歴史は始まり、1980年にプロミスに商号が変更され、2012年にSMBCコンシューマーファイナンスに商号変更がされ現在に至ります。