【億万長者】大金持ちになる方法|大きな人間になるためには?

億のお金

大きな人間になる
大金持ちや億万長者になる方法!

大金持ちになる方法は?

大金持ちや億万長者になる方法や大きな(ビックな)人間になるためにはなにが必要なのか?などの記事を紹介します。庶民は努力しても大金持ちになんかなれっこない!など言わないでくださいね。なれないと思ったらなれないんです。

しかし、なるにしても努力やコツ、ポイントをつかまなければいけないと思いますので、ここで少しそのことについて書いていきたいと思います。

器を大きくすること!

子供でもわかる話であるが、「億万長者になるぞ!」と願った人間が、何もせずに億万長者になれるわけではない。それまでにたくさんの事をしていかなければいけない。そして、あらゆる体験もしていかなければいけない。その中にはトラブル、ハプニングも付き物である。それがいわゆる『人間としての器が大きくなるきっかけ』であるからだ。

心の小さな人が知識や知恵、情報を蓄えようとしても、器の小さな人間であるゆえ、些細なことで凹んでしまったり、諦めてしまったり、鬱(うつ)になってしまうことだってある。しつこいぐらいに言っているが(大事なポイントなので、まだまだ何回も言わせていただくが)器を大きくしなければ大物にはなれない。つまりビッグマネーを手に入れる人間はビッグでなければいけない。

たくさんのトラブルやハプニング、ショッキングな出来事でも瞬時に柔軟に対応し、簡単に解決ができる器量も必要になってくるのは当然の話である。何事にもおどおどして大パニックになる人間では、ビッグになかなかなれない。ちょっとしたことでも全然動じない心が広い人、そして冷静に判断ができる人でなければでかい金を維持(運営)できないのが現状である。

ここが重要なポイントであるが、『大物になる、大物になり続ける人は、新しい挑戦、たくさんの冒険、やったことがないことでも勇気をもってやってみる。それが簡単にできるのである』

つまり、そこにはたくさんの乗り越えなければいけない問題、大きな壁がたくさんあるので、それを打ち破る知能や柔軟性を養われるのである。つまり、これから億万長者になる、目指す人はたくさんの困難に逃げてばかりではいけない。知恵と勇気と努力を十分に生かし、大きな壁を一つ一つ乗り越えていかなければいけない。それが大物になっていくということである。

まとめ&補足

ビッグマネーを手に入れるためにビッグな人間になる。たくさんの壁を乗り越えて少しずつでもいいので大物になっていく前向きな努力が必要である。

人を見る目を持つ!

ゴルフの練習場所に行って隣で打っているおじさんが「こんにちは!私は億万長者です!」なんて挨拶をしてくる人間も当然ながらいないのは当たり前ですよね。普通の人が着そうな服装で、なにげに打ちっぱなしに夢中になっているのが自然の話である。ではどうやって見抜くかが鍵となる。どんな時計をしているのか?どんなゴルフバッグ、ドライバーを使っているのか?どんな車で来たのか?視野と直感をさらに広げ相手が何者かを感じることも大切である。

アマチュアのボウリング大会なら、「ナイスストライク!すごいですね!」等の発言で相手と接したり、ジュースを買ってきてあげたりと気を使ってさらに親密度を上げていくとどれぐらいの人間か、わかってきたりもする。人相術を学んでいれば顔を見れば、大体どれぐらいの大物かもわかるようになる。

さらに細かく言えば、おおっぴらに大金持ちと顔に書いてある人間よりも、全然そんな風に見えない(そんな風に見せない)大金持ちの方が、信頼感と安定感がある。わかり易く言って『能ある鷹は爪を隠す』ということだ。ワイルド、ゴージャス感が漂うお金持ちは、波乱万丈感もあるが、なかなか慎重で冷静な金持ちの方が、丁寧な接し方をしてくれるのでお勧めをするが、それだけ見抜くことも困難である。

応用であるが、ゴージャス感のあるちょっと下品な金持ちでも、周りに品のある大金持ちもいることが多いので、金の臭いのする人とたくさん仲良くなることはお勧めする。もちろん自分を利用しようとしている(財産を根こそぎだまし取ろうとする)金持ちも、いないことはないのでその点だけは注意していただきたい。

まとめ&補足

丁寧で礼儀正しく品のある大金持ちが一番のアドバイザーになってくれる。そういう人脈と長い期間接して、そこからさらにたくさんの人脈を作れ。精神面までしっかりと支えてくれるアドバイザーは自分の人生にとってかけがえのない財産となる。



 

同ジャンル・関連ページ