プロミスは仕事の種類を問わない!?

プロミスは仕事の種類に影響ある?職業、職種で借りられなくなる?

プロミスは
仕事の種類に影響ある!?

プロミスは仕事の種類によっては契約や借り入れができなくなるのか、と心配される方も少なくないようですね。初めての人にとっては当然の疑問で不安に感じる方もいるかと思いますので、今回はそれらの疑問を一緒に考えていきましょう。

結論から述べるなら、一般的な仕事の種類であれば審査に悪い影響を及ぼす事はなく、契約において重要な要素となるのは『収入の安定性や個人の信用情報』です。

しかし変わった職業や聞きなれない職業の場合は、プロミスのスタッフがどのような職業なのかを本人確認の際に聞かれることもあるでしょう。

そこでどのような仕事内容になっているのかをちゃんと伝えれば過度に不安に感じる必要は全くありません。口コミなどを見てみると様々な年齢や職業の方が利用契約を結んでおられることが分かりますので、是非申し込みを躊躇わないでください。

個人事業主の方でも契約の可能性がありますので、恐れずアタックしてみてください。

どんな職業の方にも使いやすい!

職業や仕事の種類によって、プロミスの利用限度額が極端に低くなったり特定の地域でしか利用することができないということはありません。どんな職業に携わっている方でも条件を満たせば快適に融資を受ける事ができるように環境が整えられているので安心してください。

また仕事の種類が異なることで、操作性などが違ってくる心配もないので安心して利用することができます。

どうしても使用方法が分からないという場合には、プロミスに問い合わせをすれば丁寧に教えてもらえます。日頃から使用している方だけではなく、初めて使用する方も安心して使用できるように充実したサポート環境が整えられているのがプロミスです。

不規則勤務の仕事の種類の方も24時間使える!

プロミスの大きな強みになっているのが24時間使用することができるという点です。職種や仕事の種類によっては日中に使用することができなくて、早朝もしくや深夜の時間でないと融資を受けられないという方もいます。

例えば、日中は畑や山の中での仕事などATMなどがない場所で働くという方もいますし、仕事が夜間のためお昼間は休んでいるという職種の方もいます。

そうした職種や職業の違いがあっても利用がスムーズにできるようにプロミスはどのような時間帯でも融資を受けられるように環境が作られています。ですから時間によって融資を受けられないということは基本的にありません。ただしメンテナンス時間などで利用できない時間があるのは致し方ない点です。

更に融資を受ける時だけではなく、返済もネットや提携先を利用していつでも気軽に行えるようになっているので、お金を融資してもらった後は少しずつ計画的に返済できるようになっています。

仕事の種類で考える賢い使い方は?

プロミスは基本的に仕事の種類を問わず誰にとっても利用しやすいことは先ほども考えました。では仕事の種類や時間によって賢い使い方があるのでしょうか?

そこで、ここではさらに便利に賢くプロミスを使う方法について考えていきます。

まず仕事が正規雇用などでボーナスが支給されるという方であれば、ボーナスを活用した随時返済を利用する事を考えてみてください。随時返済とは、毎月の決められた定期返済に加えて自分の都合の良い時にお金を返済することです。

なぜこの方法が賢い使い方だと言えるのかというと、消費者金融などで借りたお金は、借りた金額と利用した期間に基づいて利息が決定されるからです。

つまり随時返済を使う事で利息を効果的に減らしていけるというメリットがあります。ボーナスという臨時収入がある時には随時返済を行うチャンスと考えて使えば、より少ない負担でプロミスの便利なサービスを活用できます。

ボーナスがない仕事の方には!

仕事の種類によってはボーナスがないという方もいます。例えば個人経営の方やアルバイトなどの短時間労働の方や派遣社員、農家や漁業などの第一次産業に携わる方は恐らく該当するタイプの仕事の種類でしょう。

そうした方たちがプロミスを賢く使う方法は、小さな借入を効果的に使うというものです。

プロミスは1万円単位で少しずつ利用する事ができます。限度額の範囲内であれば繰り返し使えるのもメリットの一つです。それを活用すれば利息を最低限にとどめることが可能です。

具体的には、給料日や収入が入る前に生活費が少し厳しいなと感じたら、『必要な額だけ』を借ります。そしてお金が手に入ったらまとめて返済してしまいましょう。そしてまた足りなくなったら必要な額だけを利用するのです。

このように借りる金額と利用期間を限定することが賢い使い方です。年会費や会員費などが不要ですので、『必要な時だけ』使うのに余分の手数料はかかりません。

そして会員となっていれば、割引や優待が受けられる『おとくらぶ』というサービスを使うこともできますので、そうした特典はぜひ積極的に活用すれば、利息以上の価値を得る事もできます。

どんな仕事の種類の方でもお得に使う活用法がありますので、しっかりと知識を身に着ければ、あなたの生活を今以上に輝かせてくれるのがプロミスなんです。

仕事の種類別の契約の際の注意点

プロミスでの仕事の種類によっての契約する際の注意点や役立つアドバイスを述べていきたいと思います。まずは仕事の種類というより、かけもちバイトやWワークといった複数の収入が得られる仕事をしている人について説明します。

かけもちバイトやWワークといった複数の収入を得ていたとしてもプロミスではそれらの収入の合計金額を年収として捉えてくれるんです。

ですから、役立つアドバイスとしては申込みの際にはどれかひとつの年収や、一番高いメインの仕事の年収だけを記載するのではなく、必ずすべての収入を合計した金額を記載するようにしてください。

総量規制によって、年収の3分の1以上は借りることができないという規制があるので、年収が高いほどたくさんお金を借りることができるので、すべての収入を合計した金額を年収として扱ってくれるプロミスを利用すれば、たくさんお金を借りたい方にとっても役に立つことになります。

家族に内緒のキャバクラ嬢やホステスは?

プロミスでお金を借りる際に仕事の種類としてキャバクラ嬢やホステスなど夜の仕事や夜バイトをしている方へのアドバイスを述べたいと思います。

仕事の種類として夜の仕事や夜バイトで、キャバクラ嬢やホステスをしている方の中には家族に内緒でお金を借りたい、家族に仕事のことをバレたくないと思う方も多いと思います。

そのような方は、カード不要で口座振替での契約というweb完結による借り入れをすれば、一切郵送物が自宅に送られてくることがないので、実家住まいの方でも家族に内緒でお金を借りることができますし、仕事がバレる心配もありません。

また、お金を借りる際に必ずしなければならない在籍確認は仕事場に電話がかかってきて、自宅に電話がかかってくることはないので、自宅への電話からプロミスの利用や、キャバクラ嬢やホステスをしていることなどがバレてしまうこともないので安心して利用してみてください。

派遣社員や契約社員の方は?

プロミスでお金を借りる際に仕事の種類として会社勤めではなく、派遣社員や契約社員など非正規雇用をしている方へのアドバイスを述べたいと思います。

プロミスにはお申込みいただける条件と言うものがあって、それは年齢20~69歳のご本人に安定した収入のある方と言うもので、公式ホームページには、「主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能です」という記述もあります。

ですから、仕事の種類として正社員などの会社勤めではなく非正規雇用をしている方でも審査次第でお金を借りることは十分に可能なんです。

こうした点を考えると、製造現場に勤務している契約社員の方や企業に勤務している派遣社員の方でも嘘を書かずに事実をしっかりと申込み時に記載することが重要になるんです。



 

同ジャンル・関連ページ


プロミス