借り入れ一本化

借り入れ金を一本化するならどこのおまとめローンが評判?

 中央リテール株式会社

実質年率10.95%~13.0%と利用しやすい!
パソコンやスマホで申込みが可能!
審査まで最短2時間のおまとめローン!
東京都知事(4)31283号で登録済み!
担保が必要ないので申し込みしやすい!

審査時間 実質年率 限度額 WEB申込
最短2時間
10.95%~13.0%
最大500万円
可能
保証人 担保 クイック診断 秘密の借入
不要
不要
可能
対応可能
  おまとめローンなら中央リテール

借り入れ金は一本化対応のローンで!

いろいろな金融機関から借金をしていると、それぞれの金融機関への返済に追われてしまうことになります。

これらの借金は「おまとめローン」などを利用して一本化することで返済先をひとつに絞ることができ、月々の返済が楽になるケースもあります。

一本化することによる最大のメリットは?

借り入れ金を一本化することによる最大のメリットは、金利を下げることにあります。

基本的に金利はひとつの金融機関からの借入額が増えれば増えるほど低く設定される傾向にあるため、複数社から少額の借入をするよりも、ひとつの金融機関でまとめて借入をした方が金利が低くなるのです。

おまとめローンを利用する方法は?

現在ある借り入れ金を一本化する方法としては、各金融機関が取り扱っている「おまとめローン」などを利用することができます。

また、おまとめローンを取り扱っていない金融機関でも、限度額が高く用途が自由なフリーローンなどを利用することで借入をまとめることもできます。

しかし一番のおすすめはそうしたサービスを専門に扱っている業者でしょう。

借り入れ金を一本化するなら金利に注意!

借り入れ金が大きくなると金利が下がるケースはありますが、そのぶん返済が長期化することで金利がかさみ、返済総額が増えてしまうこともあります。

そのため借金を一本化する際には前もって完済に向けた返済計画を立てることが不可欠であり、少しでも完済を早めるための金融機関選びも大切です。

選び方としては通常の返済とは別に繰り上げ返済を利用しやすい金融機関であることや、ネットからの手続きが可能なところなど、積極的に返済していくことができる金融機関を選ぶことも重要です。

銀行ローンと消費者金融を比較すると!?

借り入れ金を一本化しようと思った時、銀行ローンと消費者金融のどちらがいいのか迷う事もありますよね。

2つを比較すると銀行ローンの方が利息が低い場合が多く一見魅力的ですが、その分審査が厳しかったり契約するまでに時間がかかったりするため、一本化するなら消費者金融系のおまとめローンがおすすめです。

借り入れ金の一本化は正規の会社から!

借り入れ金を一本化する際の会社選びでは、正規の登録を受けた会社選びが重要になります。

複数社からの借入をまとめるということになるので、かなり高額のお金のやり取りをするという場合が多くなりますが、だからこそできるだけ安心して安全に取り引きを行うためにもしっかりと営業登録された正規の会社を利用する事が大切です。

返せなくなる前にまとめてしまうこと!

審査ではどれくらい借り入れ金があるかや、ちゃんと返済できていたかなどが重要で、短期間ですぐに他社から借入を行っていたり返済せずほったらかしにして延滞してしまっていたりすると、一本化した後も同じなのではと思われてしまいやすくなります。

ですので無計画に借りずにしっかり返済していき、返せなくなる前にまとめてしまう事が審査通過のポイントです。

WEBでの申込みに対応している!

借り入れ金を一本化する場合、店頭に行って申し込む事もできますが、現在は色々な業者がWEBでの申込みに対応しているため自宅で落ち着いた状況で申込みを行う事もできます。

WEB申込みなら24時間365日申込み受付してくれているところも多く、自分の好きなタイミングで申込めるので非常に便利です。

総量規制の対象外となっている!

賃金業者は年収の3分の1以上の貸付を行ってはいけないという総量規制という法律の範囲内で貸付を行う必要があります。

借り入れ金がそれ以上なら一本化できないのではと思われる方も多いと思いますが、借金を一本化する場合のおまとめローンでは総量規制の対象外となっているため、安心してまとめる事ができるようになっています。

借り入れ金の一本化と債務整理の違い

借り入れ金の一本化は金融機関のローン商品を利用して、現在ある複数の借金をひとつにまとめることを言います。

これに対して債務整理は借金の返済が難しくなった場合に、弁護士や裁判所などに間に入ってもらい、金融機関と交渉して利息の停止や返済額の減額、払いきれない借金の免除などを行なうことを言います。

借金の一本化は既存のローン商品を利用して行なうことができますが、債務整理を行なうと信用機関などに履歴として残ることもあるので、今後のローン利用に影響する可能性もあります。



 

同ジャンル・関連ページ